鳩間島—瑠璃色の海を訪ねて

鳩間島

正面に西表島を臨む鳩間港横の海。惹き込まれるような海のブルー

沖縄の島々はそれぞれに異なった色彩で旅人たちを魅了し、島を旅する旅人はいつか自分にとって特別のお気に入りの島を見つけます。そんな沖縄の旅で、特にリピーターが多いのが八重山の島々。八重山の島々への旅の玄関口となる石垣島の離島桟橋を訪れると、ようやくまた八重山に帰って来た気分になるのはきっと八重山を旅する旅人が共通して感じる気持ちではないでしょうか。

各島特色豊かな八重山の島々は、バラエティ豊かな島旅が楽しめる場所。竹富島や波照間島なと、自分のお気に入りの島を見つけて毎年まるで自分の家に帰るように島を訪れる旅人も少なくありません。今回はそんな八重山の有人島の中で、けっしてメジャーではない小さな小さな島、鳩間島の話をしたいと思います。


鳩間島について

鳩間の海

何時間見ていても飽きることのない鳩間ブルー

鳩間島は西表島の北5.4kmに位置する八重山諸島の中のひとつ。面積にしてわずか1.08kmの小さな島で、歩いても1時間あれば島を一周することができる人口60人ほどの静かな島です。ちょっと前までは定期船もなかったため八重山の島々の中でもあまりその存在が知られていませんでしたが、ドラマ「瑠璃の島」で一躍有名になったようですね。そのタイトル通り、ぐるりと島を囲む海の色は輝くばかりの瑠璃色。晴れた日には太陽の光を受けて瞬くように揺れる波面に、まるで世界中のブルーを集めたようなグラデーションが広がります。
周遊道路

鳩間島のメインストリート、周遊道路。長閑に島散策を楽しめます

そんな鳩間島には観光客のための観光施設もアミューズメント施設も何もありません。島にあるのは数軒の民宿と食堂。共同売店が一つ。道も道路で舗装されているのは集落のある港の近辺のみで、島には車も通りません。周遊道路を歩いていると、時々野生のヤギに出逢います。そしてどこからともなく聞こえてくるのは鳩間島名物ともいえる島の鳩。この鳩間島の鳩は普通の鳩とは全然鳴き方が違うのです。音程の外れた笛の音のような鳴き声で、なんとなく脱力感な鳩。
夕陽タイム

夕陽タイムは島の西側のイトマ浜か屋良浜へ。美しいサンセットを独り占め!

島をぐるりとまわりながら、途中途中にある浜で休憩。鳩間島の島時間はどこまでもゆっくりと、素朴な優しさに溢れています。日中は鳩間ブルーと呼ばれる鳩間のビーチの美しさを堪能し、夜は降るような星空を眺める天体観測。雨が降れば雨の音をBGMに島酒を。そんな自然の呼吸に寄り添った時間の過ごし方が鳩間島の旅。”何もしない”を楽しみに訪れたい島なのです。


鳩間島への行き方

鳩間島へのアクセスは、石垣島離島ターミナルから船で。毎日ではありませんが、安永観光と石垣島ドリーム観光が西表島の上原港から鳩間島経由で石垣島行きの便を運行しているので、西表島観光と合わせて訪れることも可能です。台風シーズンや冬場は海が荒れて欠航になることが多いので、必ず確認を。


鳩間島観光ポイント

■鳩間島灯台
鳩間島灯台

島のシンボル的存在とも言える鳩間灯台

鳩間島の中心に近い場所にある、島で一番高いポイント。灯台の横には物見台があり、ここからは島の向こうに広がる大きな海を見渡すことができます。鳩間島の中で唯一の観光ポイントと言える場所でもあります。
地図:yahoo!地図情報

■屋良浜
屋良浜

鳩間のビーチの中では一番砂浜が広い屋良浜。水の透明度も抜群!

島を港から西回りに一周すると港のすぐ隣にあるイトマ浜を過ぎてふたつ目の浜。集落からは徒歩10分くらい。昼間はチラホラと日帰りの観光客の姿も見えますが、午後3時の船が出た後は人影もなく静かなビーチとなります。鳩間島で夕陽を見るなら屋良浜がオススメ。
地図:yahoo!地図情報

■立原浜

標識

島の周遊道路には親切に標識表示が。夜間は暗くて見つけづらいので注意

島の北側にあるビーチ。鳩間島は集落から離れた北側のビーチでは人影もほとんどまばら。どこを歩いていてもプライベート感覚で海や島の自然を満喫できます。ビーチエントリーでのシュノーケリングも楽しめるポイントですが、干潮時は潮が引いてしまって泳げないので、泳ぎたい人やシュノーケリングを楽しみたい人は満潮時間を調べて、ある程度潮が満ちている時間に行きましょう。
地図:yahoo!地図情報

■島仲浜
立原浜の隣にある北側のビーチ。景観も海の様子も立原浜と似た感じです。干潮時には海のプールができて、海に入らなくてもカラフルな小魚たちの姿を楽しむことができます。
地図:yahoo!地図情報

■浦崎商店
島で唯一の売店。集落の東側、小学校の手前を北にのぼった場所にあります。旅行者はここで飲み物や、ビール、アイスクリームなどを購入するのにいいでしょう。ちなみにお弁当的なものは期待できません。
地図:yahoo!地図情報

■ゆみさんち
ゆみさんち

鳩間のほっこり休憩ポイント、ゆみさんち。島散策途中にどうぞ

食堂とカフェとお土産屋とゲストハウスを合わせたようなお店。裏崎商店の少し北側に位置します。レンタサイクルやシャワーのサービスもあるので、日帰りで鳩間島を訪れる人にとって便利なお店。鳩間島のお店としては営業時間が長いので宿泊客にとっても便利。散策途中に喉が乾いたり、小腹が減った時の休憩にピッタリ。風の抜ける芝生のパラソルの下で居心地のよい一時を過ごすことができますよ。かわいいわんことヤギの親子も待っていますよ!

住所:沖縄県八重山郡竹富町鳩間542
TEL:0980-85-6543
営業時間:9:00~17:00 不定休
地図:yahoo!地図情報


鳩間島音楽祭

毎年5月と秋の年2回鳩間島で行われている手作り音楽祭。1998年に始まり、八重山民謡をはじめとして様々なジャンルの音楽を楽しむことができます。もちろん最後はカチャーシーで大盛り上がり! 普段は人口60人ほどの静かな島がこの日ばかりは1000人以上もの人がやって来て大賑わいとなる島の一大イベント。音楽祭を目当てに鳩間島をリピートするファンも大勢います。

八重山の小さな小さな島、鳩間島の話はいかがでしたか? 鳩間ブルーと呼ばれるあの鳩間島の海の色。一目で見る者の心を魅了するあの不思議な青の美しさをぜひみなさんにも体験していただいたいと思うのです。空と海と太陽の強烈な生命力。月明かりや星明かりに照らされる夜闇の美しさ。夜風に彷徨う三線の音色と島の人と交わす島酒時間。どんな言葉を並べても、鳩間島を語るには及ばないのですが……。まずはとにかく一度この小さな島を訪れてみてください。鳩間島の島時間。世の中にこれほど贅沢で幸せな時間はないのではないでしょうか?とガイドは思うのです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。