棚に100均ファイルボックスを置き、クローゼット代わりに

100均グッズを使った洋服収納のコツ。文房具(ファイルボックス)も収納に利用

100均商品×2=200円で、収納力が2倍にアップする

洋服をしまうには、クローゼットや洋服ダンスなど専用の収納スペースがあると便利。でもわが家には棚しかないという場合には、たたんだ衣類を積み重ねて収納するのが一般的。ただし、衣類同士の間から一着抜き取るときに上下のモノまで崩れて困ります。そこで、役に立つのが100均のファイルボックスです。

棚板を増やすのはちょっと厄介ですが、A4サイズの紙製ボックスを横に寝かせるだけで、棚一段のでき上がり。そして、縦ロール巻きにした洋服をボックスに差し込めば、衣類の出し入れが簡単にできます。用途が変わってボックスが不要になったら、雑誌収納に転用できるので無駄がありません。
 

細々した服や小物の収納はコレでOK! 引き出しに100均プラバスケット

100均グッズを使った洋服収納のコツ。100円プラカゴを引き出しにイン

引き出しのサイズを測ってから、100円ショップへGO

洋服や小物の収納で意外と困るのが、ランジェリーやソックスなどの小さなモノの収納方法です。引き出しやボックスにただ放り込んでおくと、出し入れするたびに中身が乱れて、必要なモノがみつからなくなります。

そこで、細々とした服や小物は100均商品でおなじみの、プラスチックバスケットを使ってまとめて収納するのがおすすめ。ショーツやタイツなどは、四角くたたむかロール巻きにして、バスケットに立てて収納します。そして、そのまま引き出しケースの中に入れておくと、ケース内を仕切ることができるので、アイテムが混在しません。