ハイタイドundefinedhum

9月に開催された「EXTRA PREVIEW #3」でhumの新作が発表された

ハイタイドが昨年から展開しているブランド、「hum (ハム)」。このブランドのコンセプトは、アイデアを捕まえるツール。「hum 」には「ハミング」という意味が込められており、アイデアを思いついた時、思わず嬉しくなって鼻歌を口ずさんでしまうような、そんな瞬間のきっかけになるツールを目指している。

これまでもメモやノート、鉛筆などベーシックなステーショナリーアイテムを展開してきたが、今回新たに3アイテムが加わることになった。そのひとつひとつが思わず微笑んでしまう楽しさに溢れている。

これまで見たことないテープディスペンサー

ハイタイドundefinedhum brick

レンガをそのまま使ったテープディスペンサー「brick」3675円。すごい迫力だ

ひとつ目にご紹介するのはこちらの「brick(ブリック)」。つまりレンガのことである。このテープディスペンサーのメインボディが一つのレンガの塊で作られている。一見したところでは、おもしろ文具のようだが、実は、結構真面目に作られている。

使われているレンガは「半マスレンガ」というものだそうだ。一般にはあまり流通されていないもので、レンガを製造しているところを探し出し、このサイズのものを供給してもらったという。
ハイタイドundefinedhum brick

反対側からはレンガにしか見えない

この半分のレンガの重さが1.35kg 。実はこの重さ一般的なテープディスペンサーと同じだという。実用性を考えて、あえてレンガという素材を使っている。
ハイタイドundefinedhum brick

レンガにメタルパーツを特殊な接着剤で付けている

実用面で、もうひとつ注目すべき点がある。それは、これひとつで直径の大きいテープ、そして小巻きのテープの両方に対応しているという点。
ハイタイドundefinedhum brick

テープを固定するメインの軸、そして右下の小さな軸により、大小2種類のテープをセットできる

本体のテープ取り付け部を見てみると、テープを支える大小を2本の軸が出ている。一般的なテープディスペンサーでは、こうした軸が中央に一つあるだけだが、これは、不規則な位置から2本出ている。この絶妙な位置関係によって2種類のテープに対応させている。

大きいテープの時は、大きい軸にかけると、小さい軸がちょうどテープの外側にきて、テープを支える役目になる。小巻きの時は大きい軸だけで固定することができる。

テープの引き心地は、テープの取り口がやや短いもののレンガの重量感により、なかなか快適。机の上に「レンガ」という非日常性はとても面白い。


次のページではペーパースタンドを紹介する。