タイのスーパーは自分用のお土産からばら撒き土産の宝庫

タイundefinedスーパー

タイのスーパーはとにかく安くて美味しいアイテムが豊富!

旅行先で、現地のスーパーはもはや定番ショッピングコース。地元の人が普段使っている食品や雑貨など、現地の暮らしが垣間見れて「観光」としても楽しめます。

タイのスーパーマーケットも、職場の同僚や友達へのばら撒き土産になりそうなお菓子や雑貨の宝庫。「友達へのばら撒き土産は最後に空港で買おう」なんて人もいますが、スーパーのほうが断然安く手に入ります。タイで食べた美味しいタイ料理を日本でも味わいたい人におすすめのカレーペーストや調味料も種類が豊富です。

その一方でタイ語は読めないし、何を買ったらいいのか迷ってしまう……というのも事実。今回はガイド自身もよく使い、友人たちにもリクエストされる人気のアイテムをご紹介します。

3分でタイの味を再現! インスタントヌードル

ママー

数あるヌードルの中でもママーブランドが根強い人気

日本人同様、タイ人もインスタントヌードルが大好き! 小腹が空いた時にちょっと食べるというだけでなく、屋台ではインスタントヌードルの麺にハーブや調味料を加えた「ヤム・ママー」(ママーとはタイで一番有名なインスタントヌードルの商品名)というヌードルサラダも売られています。

スープの味はトムヤムやチキン、またはスープなし(調味料をかけるだけ)のヘーンというタイプのものなどがあります。麺は屋台のヌードル同様、センミー(極細)、センレック(細麺)、センヤイ(太麺)、ウンセン(春雨)、バミー(黄色麺)の5種類あるので、すべての麺を食べ比べてみてもいいかもしれませんね。値段は1つ5バーツ(約13円)から。

簡単なのに本格的! カレーペースト、スープペースト

トムカーガイ

ペーストを軽く炒めてココナッツミルクを入れ、野菜などの具を入れれば完成

ゲーンと呼ばれるタイカレーやトムと呼ばれるスープの素となるペーストは、手軽に本格的なタイ料理が再現できるため、自分のお土産として人気。ペーストにはすり潰されたパクチー、コブミカンの葉、レモングラス、唐辛子が含まれていて、ココナッツミルクと野菜、肉などの具を加えるだけで本場の味ができあがります。本のカレーのように先に具を炒める必要もないため、簡単で気軽に作れると、最近日本でも自宅で作る人が増えています。料理好き、タイ料理好きの友達へのプレゼントにも最適です。

グリーンカレー、レッドカレー、イエローカレー、トムカーガイ(鶏肉のホワイトスープ)が調理も簡単でおすすめ。値段は12バーツ(約31円)から。