12のチェックポイント -後編- 

7.防蟻処理はどうしているかを確認
一般に地面から1mまでの部分に防蟻処理をします。
薬剤が不要な施工方法もありますので、確認しておきましょう。
佐川旭建築研究所

オレンジ色の部分が薬品


8.振れ止めはどれですか
屋根の骨組みにありますので、現場で聞いてみてください。振れ止めがないと小屋組が揺れやすいのです。基準法でも義務付けられています。

9. ゴミや職人さんのモラルはどうか
・建築は専門用語や細かい部分の納まりもあり、現場に行ってもわからない所がたくさんあります。そんな時は現場の掃除がよくなされているか、モラルはどうかなど参考にするとよいでしょう。管理が行き届いている現場は丁寧な仕事をしている目安になります。

10.断熱材はきちんと施工されているか
断熱材は柱と柱の間に隙間なく埋めこまれていますか。室内の湿気が壁の中に入って断熱材が濡れないように柱の部分も防湿シートで覆うように施工されているかも確認しましょう。
佐川旭建築研究所

断熱材吹付け


11.開口部の防水処理はされているか
雨漏りが起きやすいのは窓などの開口部です。防水テープや防水シートなどで処理されているか、確認しましょう。外壁の施工後であれば、現場で聞いてみてください。

12.内装・外装の仕上がりはどうか
仕上げ状態のチェックは難しいので、床のきしみ、建具や扉の開け閉め、壁紙の貼り合わせなどをチェックするとよいでしょう。


欠陥・手抜き工事を見逃さないよう、これらの項目をチェックしましょう!

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。