誰もが安くて納得する家をつくりたい

昨年の新築住宅着工数は80万戸割れで、工務店やハウスメーカーにとっては厳しい年となりました。今まで100万戸はあったので、単純にいえば5社のうち1社は新築市場から撤退したことになります。
したがって建て主にとっては、安くて納得した家づくりをするには良い時期だといえます。しかしながら恐いのは、安かろう悪かろうの家にならないかということです。果たして完成したときに、これが自分の家なのかと感動した家づくりになっているのかどうかが不安になります。誰もが願うことは、コストバランスがよく満足のいく家づくりです。

安かろう悪かろうの家

安かろう悪かろうの家
断熱材の入っていない家などは、たった26年で壊されていきます。
 

質を下げない値引きと、下げる値引き

建築工事費を大きく左右する要素に、建材や設備機器の他に、労働費があります。値引きをするには、建材等をいかに安く仕入れるか、労働費の賃金を抑えるか、もしくは会社の経費などを抑えるかです。

上記のような単に材料の質を下げるのではなく、あくまでも企業努力で行う値引きを、「出精(しゅっせい)値引き」といいます。質を下げる値引きは、出精値引きとは言えません。

このように、値引き方法にもさまざまあります。その手法とは・・・