引渡し時当日は、建具の開閉具合や設置した設備の試運転をし、不具合がないかをチェックしていきます。
工事もいよいよ終わると、次は引渡しです。引渡し時には様々な部分をチェックしなければなりません。鍵や重要書類の受け渡しや建物の最終チェックなど、どんなところに注意すればよいか見ていきましょう。

引渡し時の注意点は?

いよいよ引渡し当日、これで最後だとあまり気合いを入れず肩の力を抜いてください。住み始めてからも施工会社との付き合いは続きます。引渡し時は確認することが多いため、ポイントをおさえてチェックしていくと良いでしょう。また、当日にすべての不具合を見つける大変なことです。前々日あたりから現場に足を運んで、気になるところを確かめておくものよいでしょう。

【関連記事】
見落とすな!引渡し時の確認事項10


引渡し時にチェックすること

引渡し当日は、書類や設備機器の保証書などの重要書類が渡されます。後から受け取っていないといったトラブルにならないためにも、書類を受け取る際、次の10項目を確認するようにしてください。
■最終確認はこの10項目!
1鍵はすべて揃っているか
2引渡し書類の記載に間違いはないか
3設備機器類の保証書は揃っているか
4設備機器類の取扱い説明書は揃っているか
5アフターメンテナンスの連絡先は記載されているか
6各工事(防水工事など)の保障期間は記載されているか
7追加・変更工事の金額などが明確になっているか
8ダメ直し工事の終了時期は明確になっているか
9建築確認申請の副本は返却されたか(間に合えば完了検査済書も)
10機器類の試運転、取扱い説明は済んだか


失敗から学ぶチェックシートは→次のページへ