12のチェックポイント -前編-

チェックポイントはたくさんありますが、建て主でも分かるよう今回は12項目を厳選してみました。さっそくチェックしてみましょう!

1.地盤調査の確認
着工前には必ず地盤調査をして、N値という数値を確認しましょう。
「3」を下回ると地盤に問題があります。

2. 基礎の鉄筋はコーナーの処理の綺麗さを見る
コーナーの部分は地震などの力が集中しやすく、コーナーの仕事がきちんとされているかを見てみましょう。

3.基礎のコンクリートの厚さを確認
コンクリートの厚さは図面に表示されていますので、現場で確認しましょう。さらに、床下の鉄筋が地面に近すぎると、鉄筋を覆うコンクリートの厚みが薄くなってしまうので、「スペーサ」という金物で鉄筋を持ち上げています。
その高さが6cm以上になっているかをチェックしましょう。

4.コンクリートが流し込まれ型枠が外れた後の仕上がりを見る
コンクリートの表面が綺麗に仕上がっているか、又、基礎の天端が平らになっているかを確認しましょう。
佐川旭建築研究所

基礎コンクリート


5.木材の接合部と金物の取り付けを見る
基礎と土台・柱を接合するアンカーボルト、ホールダウン金物などがきちんと留められているか確認しましょう。
佐川旭建築研究所

木材の接合部分


6.床束がきちんと固定されているかどうかを見る
床を支える床束は樹脂製が多く、専用の接着剤で床下のコンクリートと固定されているかを確認しましょう。


12のチェックポイント後半は次のページで!