シンプルな大人仕様だから強風のUSB扇風機
ARCTIC「Breeze mobile」1980円

usbfun05

ARCTIC「Breeze mobile」1980円

USB接続の扇風機は、いつの間にか、何だか驚くほど沢山の種類が出ていて、その需要の多さを感じるのですが、直接繋げるコンパクトなタイプでは風量が足らず、スタンド付きのタイプは置き場所がなく、丁度良い物がなくて困っていました。羽根カバーが付いたタイプは邪魔だし、羽根カバー無しのタイプは羽根の素材がフニャフニャで風力不足。見た目も装飾過多か、武骨すぎで、買う気にならない物ばかりです。
usbfun06

7枚の厚手の樹脂製の羽根が、しっかりとした風を送ってくれる

バード電子の社長が、自分が使ってみて良かったから、メーカーにお願いして自社のWebShopで売ることにしたという、ARCTIC社のファンは、そんなガイド納富の不満を一気に吹き飛ばしてくれるものでした(ファンだけに、って、スミマセン、暑いのが悪いんです)。小型で場所を取らず、しかし手元を冷やすのに十分な風量。嬉しいのは、羽根カバーがないのに、しっかりと固い羽根が7枚ブンブン回る、安全性なんか全然考えていないような、その仕様。もちろん、怪我をするような事は無いのですが、指が羽に当たると、しっかり痛いです。この大人な仕様が豊かな風量を生んでいます。
usbfun07

電源スイッチ付きのUSB電源などと組み合わせると、さらに便利に使える。写真はバード電子の「iPad変電所」を使用した例

また、アームが短めなのも嬉しいポイント。方向を決めやすく、場所もとらず、扱いやすいサイズです。オンオフのスイッチさえなく、USBポートに差し込んだら回り、抜いたら止まります。こういう所も大人仕様ですね。もう、ハードボイルド仕様と呼んでもよいくらいです。ガイド納富は、同じバード電子製でこのガイド記事でも紹介した「iPad変電所」(現在品切れ)を使って、手元でオンオフしながら使っています。これがまた、何とも快適なのです。USB電源BOXと組み合わせるのも良いですね。

次のページでも引き続きファンを紹介します。