電子機器はどれもこれも暑いのが困る

usbfun01

この夏、ガイド納富が愛用しているUSBファン三種

最近、デスクトップパソコンというのがほとんどなくなってて、量販店に並ぶパソコンは、ディスプレイ一体型かノートパソコンばかり。それはそれで構わないと思っていたのだけれど、それはガイド納富の心得違いでした。去年までデスクトップパソコンの本体二台を机の下に置き、ディスプレイとキーボードを机の上に置いて仕事をしていたので気がつかなかったのですが、今年は二台のディスプレイ一体型が机の上に置かれています。その状態で夏を迎えて驚きました。仕事をしようとパソコンに向かうと、熱気が顔を炙ります。しっかりクーラーが利いた部屋なのに、キーを叩く指先と、ディスプレイを見る顔が熱いのです。

去年までは感じなかったので、やはりディスプレイとディスプレイ一体型パソコンでは、出す熱量が違うのでしょう。たまらず、それまで使っていなかったUSB接続のファンを導入してしまいました。それまでは、ちょっと熱も篭りやすい場所に置いていたハードディスクを冷やすのに小さな物を使っていたのですが、今回は冷却力というか、風力優先で選んでみました。また、机上の温度が上がったせいか、外付けのハードディスクも熱で調子が悪くなってきました。そこで、ハードディスク用の冷却ファンも導入。これが、やたらと良い製品で、さらに、ファンを探す過程でもう一つ、良い物を見つけました。

今回、紹介するファンは、どれもバード電子のオンラインショップで購入出来るのですが、その内2つはバード電子製、もう一つはバード電子オススメの製品です。デジタル機器冷却用の外部ファンというジャンルでは、実はバード電子は世界に誇る名門。今では当たり前になった、ノートパソコン用の冷却台も、その世界最初の製品はバード電子製でした。USBでファンを回すという発想の先駆けになったのもバード電子の製品です。今でこそ、様々なデザインのファンや冷却台がありますが、バード電子は、まだ見本もない所から作成し、その機能とデザインの双方が認められて世界中に広がりました。ガイド納富がバード電子製のファンが好きなのは、その機能はもちろん、材質やデザインの細部までこだわったファンを作っているからです。ということで、この夏、役立ってるファン三種類、紹介します。

では早速、次のページから紹介します。