携帯に便利!短いボールペン「ミニペン」の面白さ

短くても使える!おすすめのミニボールペンは?

短くても使える!おすすめのミニボールペンは?

多分、最初は手帳用のペンだったのだと思います。その手軽さと安定したインクフローで、万年筆に代るものとして発展したボールペンは、だからこそ、万年筆のような大きめの筆記具として作られていました。ただ、その機構上、かなり小さくできるということに気がついた人が、手帳などに収納して携帯できる小さなペンを作ったのでしょう。

その小さなペンは、手帳用はそれなりに進化を遂げつつ、幅広く可能性を広げています。小ささによる持ちにくさを、どう解決するかとか、最適なサイズを探ったら小さくなったとか、アクセサリー的なデザインを考えたら小さくなったとか、今や、その「小ささ」も多様化し、その中でそれぞれに名作を生んでいます。

そんな小さなペンの中から、気軽に買える価格で、それぞれに主張があり、使いやすく、面白いペンを選んでみました。ランキングというには、かなりニッチなジャンルですが、元々小さいものが大好きなガイド納富が、真剣に選んだものなので、それなりにベストっぽいのではないかと思っています。

5位:
トンボ鉛筆「REPORTER 4 COMPACT」504円(税込)

トンボREPORTER 4 COMPACT
四色ボールペンの名作と言われるボールペン
ノックするボタンがそれぞれ違う形状をしているため、見なくても目的の色の芯が出せる四色ボールペンの名作「REPORTER 4」のコンパクト版です。元のREPORTER 4が144mm、コンパクトは117mmと27mm短くなっています。それだけの差ですが携帯性はかなり上がるものです。また、短くなることで全体のルックスに締まりが出てデザインが良くなったようにも見えます。

ガイド納富が購入したのは、ストラップ付きでしたが、確かに、この長さだとストラップで首から提げても邪魔になりません。そのストラップも長めになっていて、首から提げたまま筆記できるあたり、トンボ鉛筆のこだわりを感じます。クリップも素材の弾性を利用する通常のタイプではなく、バネを使って広く開いてしっかり留められる構造。四色(黒・赤・青・緑)それぞれの発色も良く、取材などの外出時のメモ用途には最高です。

4位:
トンボ鉛筆「PFit」315円(税込)
ゼブラ「penpod」315円(税込)

トンボPFit ゼブラpenpod
左/ゼブラ「penpod」、右/トンボ鉛筆「PFit」
携帯電話などのストラップにも付けられる、プラスチック製の軽いミニペンというジャンルの中での傑作二種です。ガイド納富としては、どちらも大好きで甲乙つけ難かったので、両方まとめて紹介します。とはいえ、この二つのペンは、小物文具好きにはもうお馴染みで、様々なスタイルで利用されている、言わば定番になった名品。

「penpod」は、今回紹介するミニペンの中でも最も短い76mm(実測値)、「PFit」は長さ90mmという短さながら、しっかりした太さとラバーグリップ付きで、とても握りやすいのが特徴です。そして、どちらも、携帯⇔利用の双方向で使いやすい工夫がされています。

トンボPFit ゼブラpenpod
中のリフィルは他メーカーのものも使える
例えば「PFit」の本体全体が大きなクリップになっている構造は、鞄の端にでも挟んでいれば、いつでも素早く取り出して筆記できます。また「penpod」は、コンパクトな本体からペン部分を抜き出すと、ペンが伸びて90mmの書きやすい長さになる仕掛け。ストラップなどで繋いでいても、ペン部分だけを取り出すことが出来るのが、この「penpod」の面白いところです。

どちらのペンも、使われているリフィルが、通常のマルチペンのものと同じなので、中を自由に入れ替える楽しみもあります。ガイド納富は、「penpod」の中をスタイラス芯にして、ウィルコムの「W-ZERO3 Adovanced[es]」用のスタイラスとして重宝しています。そんな使い方の自由度の高さも、この二つのミニペンの魅力です。「PFit」「penpod」共に、ブラックボディの大人が使えるカラーリングも用意されているのも嬉しいところです。


次のページでは3位と2位のミニペンを紹介します。