瞼裂斑の治療方法

瞼裂斑炎

前ページの症例の術後画像。瞼裂斑は基本的には放置で大丈夫ですが、患者さんからの強い希望がある場合には手術を行っています

瞼裂斑ができた場合の対処法は、大きく3つに分けられます。
  • 放置……すなわち、あきらめる
  • 点眼……抗アレルギー剤や非ステロイド系抗炎症剤、ステロイド剤などを点眼し、成長を抑える。瞼裂斑炎で赤くなるのを抑える
  • 手術……瞼裂斑を除去する
医療の現場では、普段は放置を勧められ、瞼裂斑炎になったらステロイドなどの抗炎症剤の目薬を処方されることが多いでしょう。私もこれが一番良いと思います。というのは、結膜というのは非常に敏感な部分で、少しでもいじると余計充血することがあるからです。

ですが、「娘が瞼裂斑が気になってノイローゼになってしまった。悩んで何回もリストカットしているので、先生助けてやってください」というような人も世の中には実際にいます。

なので、積極的に勧めることはないのですが、純粋にその人にとって助けになりそうな場合にのみ、私は手術で除去しています。

瞼裂斑の手術時期・リスク

あくまで手術は推奨している方法ではないわけで、瞼裂斑の手術に最適な時期というのはありません。強いて言うなら、その人がやりたい時が最適な時期ということでしょうか。

最近は男性が昔より外見を気にするようになったせいか、若い男性で安易な気持ちで瞼裂斑の手術を申し込みに来る人がけっこういます。ですが、瞼裂斑を手術した場合、術後に手術による充血が残ってしまう確率が10%ぐらいはあることをちゃんと理解しなくてはなりません。しつこいようですが、よほどの覚悟がない限り、手術はお勧めしません。

瞼裂斑の手術方法

瞼裂斑の手術自体が一般的ではないので、あくまで私がやっている方法を紹介します。詳細手順は企業秘密になってしまうのですが、簡単に言うと瞼裂斑を除去し、その部分に上方からきれいな結膜を持ってくる、自己結膜移植を行います。

瞼裂斑の手術費用

自己負担は、その当日の検査や処置、お薬などをすべて含めて、3割負担で3万円を見ておいてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項