アトピーと温泉水の深い関係

日本には火山が多く、温泉が多く存在します。日本の入浴の文化の中で、温泉好きな日本人は多いと思います。温泉には、いろいろな成分が含まれており、その効能なども違ってきます。

一般的に、アトピー性皮膚炎(アトピー)に効能を示す源泉として、単純泉、炭酸水素泉、酸性泉が良いと言われています。アルカリ性の単純泉や炭酸水素塩泉は、刺激が少なく、「美肌の湯」と言われ、肌がスベスベします。酸性泉は、その殺菌作用から皮膚についてブドウ球菌を殺菌し、皮膚を清潔にしてくれます。

このように、アトピーと温泉水とは深い関係があります。実は、フランスでも同じような温泉水を使った肌へのケアがあります。フランス語で「テルマリズム」と言って、「温泉水を使って全身をケアし、うるおいを与え、健やかな状態に導く方法」を意味します。テルマリズムは日本の温泉水による湯治に似ていますね。

アトピーの悪化因子と原因

ここでアトピーについて考えてみましょう。アトピーの悪化および原因の1つに乾燥肌があります。

皮膚

皮膚の構造です。このように3層構造になっています

皮膚には表皮、真皮、皮下組織の3層構造で成り立っていますが、乾燥、寒さ、暑さなどの物理的な刺激、細菌やウイルスなどの病原体、ダニや食べ物などのアレルギーの原因になるアレルゲンなどから体を守っているのが表皮です。表皮には角質というレンガ上の細胞が敷き詰められています。

角質の間に水分が含まれており、角質が炎症や掻くことで傷ついたりすると、水分が蒸発しやすい乾燥肌になります。乾燥肌は皮膚の防衛機能が著しく低下しているために、特に、アレルゲンが皮膚から侵入しやすくなり、皮膚で炎症を起こし、アトピー性皮膚炎(アトピー)になってしまいます。つまり、乾燥肌を防ぐことがアトピーの治療の1つになるのです。

テルマリズムによるアトピー治療

スキンケア

ミネラルウォーターは飲むだけでなく、スキンケアにも使われます

ヨーロッパ(EU)において健康保険で診療しているフランスのアベンヌテルマリズムセンターでは、医師の紹介のもと3週間治療した患者のうち、41.3%がアトピー性皮膚炎の患者です。しかしその患者のうち、テルマリズムによる治療を行うことで、アトピーのかゆみなどの症状が18日で42%低下したと報告されています(J Eur Acad Dermatol Venererol 2011)。また、皮膚の赤みなどに対する減少の効果も報告されています(Ann Dermatol Venereol. 2005)。

フランスは、ミネラルウォーターが多く産出され、日本でも飲料水として販売されるほど豊かな水に恵まれた国です。皮膚には水分が必要であることから、温泉水を使ったテルマリズムは、個人差はありますが、スキンケアの1つの選択肢として考えられると思います。

「敏感肌」の段階でスキンケアを行う必要がある

上記のアベンヌテルマリズムセンターでの成果を論文発表した皮膚科医ディディエ・ゲレロ先生が所長に、東京慈恵会医科大学皮膚科教授の上出良一先生がアドバイザーとなって、敏感肌に関する正しい理解や最新情報・知識の提供、適切なケア方法を広めることなどを目的とする「敏感肌研究所」が発足しました。その発足を記念し、2012年5月10日にセミナーが行われ、両先生の講演が開かれました。

このセミナーで、敏感肌は、病気でないものの、健康ともいえない「未病」であると話されていました。未病とは、病気になる可能性がある状態ですので、未病から病気にならないために、未病の段階で対策を立てることが大事です。つまり、敏感肌の段階での対策が必要で、それが、スキンケアであり、テルマリズムも1つの方法と言えるかもしれません。

【関連リンク】
敏感肌研究所

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項