共働き夫婦のNG家計は主に5パターン

ガイド平野は、共働き夫婦からの家計管理についての相談を数多く行っています。ファイナンシャルプランナーに相談するということは、夫婦間でも「今のままの家計管理では、まずいんじゃないか?」という思いがあるようです。

そこで今回は、相談にいらっしゃる共働き夫婦の家計管理方法の中から、「ちょっと、まずいな……」と思うパターン5つと、その処方箋を紹介します。

パターン1:2人の関係はスマート、役割分担夫婦

家事も家計もしっかり役割分担

家事も家計もしっかり役割分担

相談にいらっしゃる共働き夫婦で、最も多いのがこのパターン。生活費の支出項目別に、夫と妻のどちらが負担するかを予め決めて、家計管理をする方法です。新婚生活を始める時に、分担方法を決め、それがそのまま固定化されるケースがほとんどです。

一般的に、マンションなどの家賃、水道光熱費など毎月固定的に支出する費目を夫が負担し、食材料費や日用雑貨などの生活関連の支出を妻が負担するケースが多いです。

■問題点
子どもが生まれると、固定的に発生する保育料は夫、子どもの洋服、おもちゃなどの日用雑貨などは、妻という感じで、やはり費目別の家計管理を続けようとします。しかし、追加して発生する費目は、時の経過とともに増えていくので、お互いの負担感が増してきます。

お互いに正確な収入をパートナーに伝えていないので、自分の負担感が次第に増す、相手は実は余裕があるのではないかと疑心暗鬼にもなったりします。また、相手が負担する費目の支出については無関心になりがちで、夫婦で家計を管理するという意識が希薄になりがちです。

■処方箋
支出項目別に家計を管理する場合でも、夫と妻のそれぞれが収入と支出、そして貯蓄額をきちんと記録して、お互いに伝えるようにすることが大切です。そして定期的に負担する項目を話し合い、見直すことが上手に家計を管理する秘訣です。

現在の収入と支出、そして貯蓄額を元に、改めて、お互いにどのくらいの費用を負担するか話し合いましょう。相手の支出項目とその金額(予算)を知ることにもなり、お互いに相手の支出にも関心を持つようになるでしょう。

>>次の貯まらない夫婦の家計管理のNGパターンは、コレ!