コーヒーメーカー事情

コーヒーメーカー

豆挽きから抽出まで全自動でコーヒーが淹れられるタイプもあり※パナソニック【NC-A55P】

街にコーヒー専門店やカフェが増え、多彩なフレーバーが楽しめる昨今、自宅でもカフェ気分を味わいたいというニーズが増えています。最近はレギュラーコーヒーだけでなく、エスプレッソが淹れられたり、フレーバーコーヒーがポーションで手軽に作れるコーヒーメーカーなど、様々なタイプが登場しています。

コーヒーは嗜好性の高いものなので「味」が大きな決め手となりますが、全てのコーヒーメーカーを試飲することは難しいのも事実です。そこで、まずは大きな方向性を間違えずに製品を選べるよう、基本的な項目を整理してみました。


コーヒーメーカーの種類を知る

コーヒーメーカーにもいろいろな機能がありますので、まずは、淹れられるコーヒーの種類と、使えるコーヒー豆(粉)のタイプで整理してみましょう。

(1)レギュラーコーヒー専用
レギュラーコーヒーが淹れられるマシン。豆の種類により味はいろいろ楽しめます。濃度の調節ができるタイプがありますが、エスプレッソは淹れられません。最近は、コーヒーだけでなく紅茶や緑茶など茶葉も使えるタイプも増えています。また、紙フィルターを使うタイプと専用フィルター(メッシュタイプで繰り返し使用可能)が付いているタイプがあります。後者ならフィルター分のランニングコストはかかりませんが、紙フィルターで淹れる方が好みという人もいるので、自分に合った方を選ぶとよいでしょう。

■参考機種:ドリップ式


■参考機種:カフェポッド式

※製品レビュー:T-fal「ダイレクトサーブ CW1008JP」