安くて便利で簡単な、レギュラーソリュブルコーヒー専用マシン

ネスカフェゴールドブレンド・バリスタ

ネスカフェゴールドブレンド・バリスタ


「ネスカフェ・アンバサダ~♪」のコマーシャルでおなじみの、ネスカフェ「バリスタ」。レギュラーソリュブルコーヒー(※)をマシンで淹れるという新発想がウケています。では、その使い勝手を見ていきましょう。

※ネスレのインスタントコーヒーは「挽き豆包み製法」に代わり、呼称が「レギュラーソリュブルコーヒー」になりました


レギュラーソリュブルコーヒーをマシンで淹れるという新発想で大ヒット!

ネスカフェゴールドブレンド・バリスタ

なぜ、レギュラーソリュブルコーヒーをわざわざマシンで淹れるのか?それは……

そもそも、レギュラーソリュブルコーヒーをなぜわざわざマシンで淹れるのか?と疑問を持つ方も多いはず。確かに、カップに入れてお湯を注げば良いのに「わざわざ」ですよね。しかし、ちょっとレギュラーソリュブルコーヒーを淹れる時の工程を思いだしてみて下さい。

まず、お湯を沸かします。カップを用意し、レギュラーソリュブルコーヒーの入っている容器を出し、フタを開け、スプーンでレギュラーソリュブルコーヒーを適当に投入。沸いたお湯を注ぎ、スプーンでかき混ぜ完成。もし、ミルクや砂糖を使うなら、さらにすることが増えます。こうしてみると、レギュラーソリュブルコーヒーとは言え、結構な手間をかけている訳です。

しかし、このマシンを使えば、電源を入れカップを置きボタンを押すだけ。 お湯を沸かして注いで混ぜることすら省いてしまう、実は、すごいマシンなのです! 実際に使ってみると、確かにお湯を沸かさなくても瞬間で熱いコーヒーが淹れられるのは、なかなか楽ちんです。しかも、お湯を注ぐよりおいしく淹れられるので、一石二鳥と言えるでしょう。


準備は、レギュラーソリュブルコーヒーのセットが見せ場!

ネスカフェゴールドブレンド・バリスタ

上左:マシン上部にあるコーヒータンク/上右:前面の操作ボタン/下左:コーヒーの粉を溶かす抽出口内部にある撹拌部/下右:抽出口からコーヒーが出てくるところ

それでは、マシンの仕組みを簡単にご紹介します。マシン上部に、レギュラーソリュブルコーヒーを入れる「コーヒータンク」があります。前面の操作ボタンを押すと、タンクからメニューに応じて必要な量のレギュラーソリュブルコーヒーが、抽出口の「撹拌部」に落とされます。そこに、タンクの水が90度程度のお湯となって注がれ、レギュラーソリュブルコーヒーの粉を溶かしながらコーヒー液となり出てくる……という流れです。

 
ネスカフェゴールドブレンド・バリスタ

専用の「エコ&システムパック」手前が60gサイズ、奥が80gサイズ

まずは、コーヒータンクにレギュラーソリュブルコーヒーをセットします。「エコ&システムパック」という専用パッケージがありますので、それを用意します。これ1本で淹れられる杯数は、コーヒーメニューにもよりますが、60gタイプで約30杯・80gで約40杯・120gで60杯とのこと。約1ヶ月を目安に使いきるのが推奨されていますので、1日何杯飲むかで適した容量を準備すると良いでしょう。


 
ネスカフェゴールドブレンド・バリスタ

上左:「エコ&システムパック」のフィルムをはがす/上右:コーヒータンクの上に専用パックをのせる/下左:パックを押しこむようにすると中の粉が流れ出てくる/下右:パックの中のレギュラーソリュブルコーヒーは無事にコーヒータンクの中へ

「エコ&システムパック」をタンクの口に逆さに置き、グッと押し込むようにします。すると、中のレギュラーソリュブルコーヒーがざざざーーーっと落ちてタンクの中に入ります。これでコーヒーのセットは完了です。これが何だかとても楽しい作業でして、ちょっと癖になります(笑)。

 
ネスカフェゴールドブレンド・バリスタ

背面にある水タンクの着脱はワンタッチで簡単!

準備ができたコーヒータンクと、本体背面にある水タンクに水を入れてセットし、電源スイッチをON。すると、前面の操作部分が光り、スタンバイOK。あとは、好みの淹れ方を選んで押すだけです。本当に簡単です!

 
それでは、いよいよコーヒーを淹れてみましょう>>