レギュラーコーヒーも楽しめる日本仕様の全自動エスプレッソマシン

デロンギ・全自動エスプレッソマシン

デロンギ コンパクト全自動エスプレッソマシン・日本限定「カフェ・ジャポーネ」機能対応モデル【ECAM23420SB】


コンパクトなデロンギの全自動エスプレッソマシン「マグニフィカSシリーズ」に、日本市場に向けて開発された「マグニフィカSスペリオレ」が新登場。日本人が好きな、レギュラーコーヒーが淹れられる新機能「カフェ・ジャポーネ」を搭載したマシンです。では、その詳細をご紹介しましょう。


初心者にこそ、全自動マシンがおすすめ!

デロンギ・全自動エスプレッソマシン

エスプレッソマシンは、ホルダーにコーヒーパウダーを詰めるのが一番難しいとのこと!(※画像は同社のマニュアル式エスプレッソメーカーのフィルターホルダー、1杯用/2杯フィルター用/カフェ・ポッド対応フィルターホルダー)

全自動エスプレッソマシンとは、コーヒー豆を入れれば、挽く・詰める・抽出までが全て自動でできるマシン。では、なぜ全自動が良いのか?もちろん、簡単においしいエスプレッソが飲めるからなのですが、実はエスプレッソを淹れる際に一番難しいと言われるのが、ホルダーへコーヒーパウダーを詰める作業。バリスタという専門職があるほど、パウダーの量や詰め具合で味が大きく変わると言われるほど繊細な工程なので、それを任せられることに大きなメリットがあるそうです。

最近は、一杯分のエスプレッソの抽出に最適な挽き具合と量のパウダーがプレスされた状態でパックされている「カフェ・ポッド」に対応しているマシンもあるので、手入れのマシンでも安定しておいしいエスプレッソが淹れられますが、やはり全自動の方がさらに簡単なのは確かです。

デロンギ・全自動エスプレッソマシン

豆から挽くグラインダー部分、奥は豆を入れるところで、手前は挽いた粉(一回で約14gまで対応)を入れる投入口

加えて、豆の挽き方はおいしいエスプレッソを淹れる大切な要素のひとつ。このマシンは、エスプレッソの命とも言えるアロマを逃がさずに豆を挽くことができる、低速回転のコーン式グラインダー採用。さらに、飲むときに一杯ずつ挽いて抽出するから、いつでも挽きたて、淹れたて! 最高の状態で楽しめるのも大きなメリットです。※デロンギのエスプレッソマシンはコーヒー豆だけではなく、既に挽いた「粉」にも対応しています。

これらの理由から「おいしいエスプレッソを、毎日手軽に楽しみたい」という人には、全自動マシンが最適とのこと。確かに、納得です。

 

カスタマイズして自分好みにチューニング可能

デロンギ・全自動エスプレッソマシン

ダイヤルを回して抽出量、押して濃度を選ぶだけ!

全自動とは言え、抽出量や濃度など、カスタマイズも可能。メニューはマシン前面の液晶ディスプレイに日本語で表示されるので、操作も簡単です。選べるのは、抽出するお湯の量による「エスプレッソ・エスプレッソLARGE・ロングコーヒー・ロングコーヒーLARGE」の4種類、使用する豆の量による濃度の違いで「EXマイルド・マイルド・スタンダード・ストロング・EXストロング」の5段階。掛け合わせると合計20タイプにもなります。さらに、好みの抽出量を登録できる「マイコーヒー」機能を使えば、自分仕様の一杯がワンボタンで飲めるようになります。

 
デロンギ・全自動エスプレッソマシン

グラインダー内にあるダイヤルは豆の挽き方を微調整ためのものですが、基本的には初期設定のままでOKです!

ちなみに、グラインダー部分には豆の挽き方を微調整するダイヤルがあります。この設定を変更すると、挽き方だけでなく粉の量やタンピング(ホルダーにコーヒー粉を固めること)、抽出時間など一連の動作に影響する精密な仕組みになっているとのこと。なので、通常このタイヤルをいじる必要はありません。初期設定のまま何杯か淹れてみて、コーヒーが薄い、あるいはもっとクリーミーにしたい場合に限り使う、とイメージです。

 
デロンギ・全自動エスプレッソマシン

レギュラーコーヒー用の「カフェ・ジャポーネ」ボタン

そして、このマシン一番の特徴は、蒸気で圧力を加えて淹れるエスプレッソの技術を使って、レギュラーコーヒーが淹れられること。この「カフェ・ジャポーネ機能」は、お湯をコーヒー豆に落としその重さで抽出される、ドリップ式のドリップコーヒーを好んで飲む人が多い、日本向けだけの特別仕様なのです。一台で、エスプレッソとレギュラーコーヒー両方が淹れられるのは、デロンギではこのマシンのみです。

 
デロンギ・全自動エスプレッソマシン

スチームミルクやホットミルクができるミルクフロッサー

マシン横にあるミルクフロッサーでは、カプチーノ用のフォームミルクや、カフェオレ用のホットミルクをつくることができます。もちろん、アイスメニューもOKなので、自宅で本格的なカフェメニューがいろいろ楽しめるのです♪

 

次ページでは、実際に抽出している様子をご紹介します>>