まずは、スタンダードなエスプレッソを淹れる

それでは実際にエスプレッソを淹れてる様子を、順を追ってご紹介します。購入直後に初めて使う時やしばらく使わなかった時などは、空気抜きや水硬度の設定(初回のみ)など初期設定をする手順を踏まなくてはなりませんが、一旦使い始めてしまえばこれらの工程は省けますので、次の工程からご覧ください。
 
デロンギ・全自動エスプレッソマシン

予熱が終わると内部洗浄がはじまります。

背面に主電源・前面に電源があります。通常は主電源は入れたままで、前面の電源のみ入り切りします。水タンクをセットすると予熱がはじまりまり、その後内部洗浄を行います。内部洗浄は、手動で行うこともできますが、電源を入れる時と切る時に自動で行います。これらが済めば準備完了です!
 
デロンギ・全自動エスプレッソマシン

グラインダー部分にコーヒー豆を投入

この間に、グラインダーにコーヒー豆を投入。グラインダー部分が豆の保存容器を兼ねていれば一袋入れてしまえるのですが、一日に飲みきれる分だけ入れるのがおすすめとのこと。でも、面倒な人は、一週間で飲みきる分くらいまとめて入れても大丈夫でしょう。あとは、先にご紹介した通り、中央のダイヤルで抽出量と濃さを選びます。
 
デロンギ・全自動エスプレッソマシン

コーヒー抽出口を下げてカップに近づける

コーヒー抽出口は上下に動くので、カップ受けに置いたカップの高さに合わせて近づけます。そして、エスプレッソマークの1杯or2杯またはカフェジャポーネのボタンを押せばOK。あとは抽出を待つのみ。
 
デロンギ・全自動エスプレッソマシン

2つの口からコーヒーは抽出されるので、2杯の時はそれぞれの下にカップを置いて2杯同時に淹れられる

コーヒーは2つの抽出口から出てくるので、1杯の時は2つの口の下に、2杯の時は、それぞれの下にカップをいて2杯同時に淹れるようにします。抽出されたエスプレッソには程良いクレマ(泡)があり、おいしそうにでき上がっていました。
 

フォームミルクを作って、カプチーノに挑戦!

デロンギ・全自動エスプレッソマシン

フロッサーからは勢いよくスチームが出る

エスプレッソにフォームミルク(泡立てた牛乳)を注ぐとカプチーノができます。マシンの横にあるフロッサーからは蒸気が勢いよく出てきますので、これによりミルクを温めたりフォームミルクを作ることができます。きめ細かな泡を作るためには、専用のステンレス製「ミルクジャグ」が必須とのことですが、今回は中の様子が見えるように、ガラスのコップで試してみました。
 
デロンギ・全自動エスプレッソマシン

ミルクを泡立てているところ

スチームボタンを押して予熱した後、フロッサーの先をミルクに入れて、スチームを噴射。泡立ちの様子を見ながら、好みの泡ができるまで続けます。初めてなので、何となくコツがつかめなかったのですが、上方には徐々に泡が立ち、ミルクも程良く温まってきたところで、終了としました。
 
デロンギ・全自動エスプレッソマシン

できあがったフォームミルクにエスプレッソを抽出してみると、ミルクとのグラデーションでおいしそう!

普通は、カップに淹れたエスプレッソにこのフォームミルクを注ぐのですが、今回はフォームミルクのコップに直接エスプレッソ1杯を抽出してみました。ミルクの中に落ちていくエスプレッソが最後はキレイなグラデーションになっていき、おいしそうにでき上がりました~。フォームミルクを上手く注ぐ自信がなくても、これなら誰でも簡単にできるので、おすすめです!
 
デロンギ・全自動エスプレッソマシン

全自動マシンで淹れてもらったカプチーノは、ハートが“カブ”にも見えて可愛らしい♪

ちなみに、デロンギ試飲会でバリスタさんに入れてもらったカプチーノはこちら! 同じマシンで作ったんですが……さすがプロですね。
 
次は、お手入れについてご紹介します>>