一杯抽出でいつも挽きたてが楽しめる手軽さが魅力

T-fal ダイレクトサーブ 1万4800円

ティファール ダイレクトサーブ 1万4800円(希望小売価格) 色はレッドとブラックの2色


自宅でコーヒーを楽しむため、コーヒーメーカーを利用している人も多いでしょう。しかし、準備が面倒だったり、淹れたコーヒーがだんだん煮詰まってしまったりと不便な面も。そんな不満を解消した、新しいタイプのコーヒーメーカーが、ティファールの「ダイレクトサーブ」です。では、その使い勝手をご紹介します。
 

今までの不満を解消した一杯抽出タイプ

T-falコーヒーメーカー

コーヒーを作る時の不満点(※参考:T-fal新製品発表会プレゼンテーションスライド)

全日本コーヒー協会によると、家庭では半数以上の人がインスタントではなくレギュラーコーヒーを飲用しているとのこと。レギュラーコーヒーを淹れるには、コーヒーメーカーを使ったり、ペーパーフィルターやカップに載せる簡易ドリッパーを使って手で淹れたりと、いくつかの方法があります。ただ、どれも手間や時間がかかったり味が安定しないなど、不満があるのが現状でした。「ダイレクトサーブ」はこれらの不満を解消した新しいタイプのコーヒーメーカー。日本では珍しい、カフェポッド専用タイプです。レギュラーコーヒーの一杯抽出で、手軽さと美味しさを両立しています。

 

手軽&おいしい&手間なしで、誰にでも使いやすい

T-falコーヒーメーカー

上左:給水タンク/上右:カフェポッドをセットするところ/下左:抽出中/下右:使用済みのカフェポッドは滴が垂れず捨てやすい

まずは、使い方から。給水タンクに水を入れセット。フタを開けるとカフェポッドを置く場所があるので、セットしてフタをロックし、抽出ボタンを押すだけ。ブーブーブーという若干の振動音とともに抽出が始まります。準備加熱がないため、一杯抽出するのに約60秒と早いのが特長。また、カップにポタポタといつまでもコーヒーが落ちることなく、湯切れを待つストレスはありません。これは、「カフェポッドドライ機能」が搭載されているため。マシンの中でカフェポッドがしっかり脱水されるので、抽出後にポッドを取りだしても滴が垂れず、片付けも楽々と至れり尽くせり。これなら、忙しい朝に家族がひとりずつ淹れてもイライラすることはありません。
 

世界共通規格のカフェポッドが今後のスタンダード!?

T-falコーヒーメーカー

上:カフェポッドの中に1杯分のコーヒー豆がパッケージされています/下:ダイレクトサーブ専用に共同開発した「小川珈琲」のカフェポッド(※黒がオリジナルブレンド/赤がモカブレンド)

「カフェポッド」とは、挽いたコーヒー豆を一杯分ずつフィルターペーパーに詰めたもの。世界共通規格で、レギュラーコーヒーは直径約60mmタイプ(※エスプレッソは直径約44mmタイプ)を使用します。カフェポッドのメリットは、一杯ずつ個別包装されているため酸化を防げること。実際にカフェポッドのパックを開けると、コーヒーのイイ香りが漂います。これなら、コーヒー豆を使い切るまでに味が劣化する心配もなくなるでしょう。また手淹れと比べ、マシンが抽出のコントロールをするため、誰でもいつでも同じ美味しさが楽しめるのも大きな魅力。ボタンひとつで、いつも美味しいコーヒーが淹れられるでしょう。

日本カフェポッド協会には、約40社ものコーヒーロースターが登録しているため、様々なコーヒー豆が手に入ります。日本ではまた、レギュラーコーヒーの一杯抽出はあまり馴染みがありませんが、手軽さや鮮度維持のしやすさなどから、これからのスタンダードになっていくと感じます。手軽で扱いやすいカフェポッド専用のコーヒーメーカー、レギュラーコーヒー愛飲派におすすめです。


【関連記事】
コーヒーメーカーおすすめ人気ランキング10選|自宅でもバリスタの味を!
カプセル式コーヒーマシンおすすめ人気ランキング9選|ラテやミルクティーも手軽に
電動コーヒーミルおすすめ人気ランキング9選|豆の挽き方や機能性にも注目!
コーヒー用水筒おすすめランキング10選|酸化しにくいボトルはこれ!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。