ゲームがアニメ化されたりアニメがゲームになったり、昔からゲームとアニメは高い親和性がある。最近ではゲーム機が高性能になり、アニメとの関係にもちょっとした違いができてきたようだ。

torneの大きな利点

torne

PS3で録画する周辺機器、torne

PS3で地上デジタル放送を録画できる周辺機器、torne。
地上アナログ放送終了により、ますます活躍が期待されるアイテムである。
筆者はtorneにより、HDDレコーダーを使用する機会が極端に減った。torneの快適さに比べると、旧世代のHDDレコーダーを使うのには苦痛しか感じなくなってしまったほどだ。

torneにも欠点はあり、BS/CS放送が受信できなかったりBlu-rayDiscに保存できなかったりもするが、それも先日、Sony製のBlu-rayDiscレコーダーと連携を取ることを可能にする有償アップデートが用意されたことで、ある程度は改善されたと言えるだろう。

筆者は日常的なTV視聴をほぼtorneに頼っている。
圧倒的な操作性の良さが大きな理由だが、その他に「他のユーザーの注目している番組がわかる」という点も見逃せない。

番組検索の際にユーザーの注目している番組が上位に来るように設定できるため、今話題の番組を見逃さないという大きな利点があるのだ。
ただしtorneの場合、「世間一般で話題の番組」なのかどうかには少々疑問が残る。

PS3ユーザーは一般的?

torneの番組検索の際、ソート順を同地域のユーザーが録画指定している数の順である「トル順」に設定すると、ユーザーの多くが録画する番組…注目度の高い番組が上位に表示される。

torneの場合、この順番に少々特徴があり、上位が軒並みアニメになるのである。
視聴率と録画予約率では同列には語れないにしても、横暴に言ってしまえば「PS3ユーザーはアニメの関心が高い」と言えそうなほど、アニメが多い。しかもその多くが深夜放送のものに偏っている。

実は、筆者はtorneを利用してからアニメを観る割合が非常に高まった。
従来であれば存在も知らなかったようなアニメも、「そんなに話題なら観てみようかな」というきっかけになる。しかも放送した後に話題になるケースだけでなく、放送前の録画予約の段階での注目度がわかるというのが非常に面白い。

そしてある日、番組検索で「すべてのジャンル」内1位にアニメがあることに気がついた。

それが現在放送中のアニメ、「日常」である。