マカオのカフェ事情

コーヒーイメージ

スイーツによく合う濃い目の美味しいコーヒーが楽しめるマカオ。写真は「ザ・テラス」のもの (c) Pousada de Sao Tiago

タルト

「ザ・テラス」で人気のタルト系スイーツ

香港がアフターヌーンティに代表される英国由来の紅茶文化なのとは対照的に、ポルトガルによる統治が長かったマカオには、本場南欧のコーヒー文化が今も残っており、ブラジルや東チモールといったポルトガル語圏諸国を中心に、世界中から良質のコーヒー豆がマカオに集まることで知られています。芳醇な香りの濃い目のコーヒーやエスプレッソという、日本人好みのテイストなのもマカオらしいところ。エッグタルトやセラデューラなどポルトガル由来の砂糖をふんだんに使ったスイーツや、欧州スタイルの香ばしい自家製パン(パンはポルトガル語から日本語に採用された単語)を使ったサンドウィッチなどとよく合います。

数あるマカオのカフェの中から、マカオ在住のガイドがオススメする美味しいコーヒーとスイーツや軽食を一緒に楽しめる人気のカフェをご紹介。マカオで本場南欧テイストのコーヒー文化を体験しましょう。

※広東語(繁体字中国語)でコーヒーを表す漢字は「珈琲」の「王」へんの部分を「口」にした独特の文字を使用しています。本記事内では、文字化け防止対策として日本式の漢字で代用します。

ホテル内の人気カフェ

マカオには老舗の高級ホテルとラスベガススタイルの最新リゾートホテルが共存。どちらも、マカオらしい雰囲気を持ったカフェを擁しており、落ち着いた雰囲気の中でゆっくりとリラックスできるのがポイント。ホテル内のカフェといっても、日本に比べれば価格は非常にリーズナブルなので、気兼ねなく利用できるのも嬉しい。

ホテルカフェ1 カフェ・ベラヴィスタ

ベラヴィスタ店内

床面の石畳(カルサーダス)も美しい (c) Grand Lapa Macau

バルコニー席

オススメは窓辺のバルコニー席 (c) Grand Lapa Macau

日本人観光客にもお馴染みのグランドラパホテル(旧マンダリンオリエンタル)内にあるカフェ。店名のベラヴィスタは、かつてマカオタワー近くの南灣地区にあったマンダリンオリエンタル系の高級ホテル(現在はポルトガル大使公邸)の「ホテル・ベラヴィスタ」に由来。往時の雰囲気をそのままに受け継いだコロニアルスタイルのインテリア、そしてコーヒーやスイーツの数々が好評。こちらの人気メニューはポルトガルを代表するスイーツ「セラデューラ」。

<DATA>
Café Bela Vista(薈景閣珈琲廳)
住所:澳門友誼大馬路956-1110號 金麗華酒店(マカオ半島)
TEL:+2856-7888
アクセス:マカオフェリーターミナルからタクシー約3分、徒歩約15分
営業時間:7:00~23:00