ドンドルマとは?

ドンドルマ

こんなにのびる物体が、実はアイスだなんてびっくり!

日本ではトルコアイスとして有名なドンドルマ。人気の理由は、なんといってもお餅のようにながーくのびること! なぜこのような粘り気があるのかというと、サーレップと呼ばれる山蘭の球根を乾燥させた粉末が入っているからなのです。

といっても、実は「ドンドルマ」とはトルコ語で単に「凍らせたもの」という意味で、要はアイスクリーム全般をさします。このため、トルコに来て“Dondurma”という表示を見てすぐにのびるアイスを期待してはいけません。とりわけここ数年、トルコではイタリアンジェラードや果汁入りのシャーベット的なアイスが流行ってきているので、のびないドンドルマ率も以前より高くなってきているのです。

Hekdonis Hekimoglu

夏になると新聞などを賑わす恒例シーン!

私たちが想像するあののびるドンドルマはトルコ語で「マラシュ・ドンドルマス」と呼ばれています。カフラマン・マラシュという町が発祥なのでこの名がついたのですが、実際夏になるとカフラマン・マラシュのドンドルマ店では巨大ドンドルマをトラッククレーン吊り下げてみたり、ドネルスタンドのように店先に吊り下げられた巨大なドンドルマを電気のこぎりで切ったりするような販売パフォーマンスが繰り広げられます。

 

どこで食べられる?

ドンドルマ屋台

観光地のアイスクリーム屋さんは、なぜか皆この衣装

夏になると至る所にドンドルマの屋台が出現します。とりわけ観光地、イスタンブールのスルタンアフメットやタキシムなどには民族衣装を着たドンドルマ屋さんがパフォーマンスを見せながら観光客にドンドルマを販売。一種の夏の風物詩と言えそう。

MADOドンドルマ

MADOの清く正しいドンドルマは、こんな風にサービスされます(©MADO))

本当はカフラマン・マラシュまでマラシュ・ドンドルマスを食べに行くのがツウなのですが、トルコ南東地方に位置する遠方の都市なのでほとんどの人には難しい……。そんな人のために、一年を通して本物のマラシュ・ドンドルマを食べられる全国チェーン店があります。本店をカフラマン・マラシュに構える“MADO”で、MADOのMAはマラシュのマ、MADOのDOはドンドルマのドから。ドンドルマの原料であるサーレップは高級なため、巷のスーパーなどにはコーンスターチを使った「なんちゃってドンドルマ」が多いのですが、MADOのドンドルマはきちんと本物のサーレップが使われており、食べる時もナイフとフォークでいただくのが正式な形。

また、夏は観光地に限らずトルコの町中にドンドルマの露店が出ます。ほとんどのところがアイス1カップにつき1~2トルコリラとお得な価格設定で、多くが朝早くから夜遅くまで営業。夏限定の露店にも関わらず、これにも有名どころがいくつかあります。ただし、これらの店は色々な種類を揃えた普通のアイス屋さんなので、のびーるアイスが食べたかったら「マラシュ・ドンドルマス」を注文することをお忘れなく! イスタンブールで地元トルコ人に人気のドンドルマ店は下記の通り。

■Ali Usta(アリ・ウスタ)
アリ・ウスタ

行列のできる店、アリ・ウスタ

イスタンブールで夏のドンドルマといえばアジア側のモダ地区が有名だけど、このアリ・ウスタこそがモダをドンドルマで有名にした老舗店。1969年創業。

営業時間:7:00~翌2:00
アクセス:カドゥキョイ船着き場から徒歩17分
TEL:0216-414-1880

 

■Mini Dondruma(ミニ・ドンドルマ)
ヨーロッパ側ではベベッキ地区が夏の夜のスイーツで有名で、ここも小さい店舗ながら1968年から続く老舗。夏はいつも行列ができており、店頭には22種類ものドンドルマが並びます。

営業時間:8:00~翌2:00
アクセス:ベシクタシュ船着き場からタクシーで15分
TEL:0212-257-1070

■Yasar Usta(ヤシャル・ウスタ)
ヤシャル・ウスタ

夏だけお目見えする、こんな簡単な屋台なのに、何十年ものファンを持ちます

アジア側のバーダット通りに近いボスタンジュという住宅地に毎夏露店を出すヤシャル・ウスタのアイスクリームは、新鮮なフルーツテイストが人気。合成着色料などは一切使っておらず、マラシュ・ドンドルマにも本物のサーレップが使われています。

アクセス:ボスタンジュ船着き場から徒歩10分
TEL:0216-361-1440

 

■Kanaat Lokantasi(カナート・ロカンタス)
カナートロカンタスのドンドルマ

ケマルパシャという、シロップ漬けのチーズ入りクッキーの上にサービスされたドンドルマ (tastingood)

アジア側ウスキュダル地区にある老舗のトルコ料理ロカンタとして名高いカナートが夏に出すフルーティーなドンドルマが人気。料理とドンドルマのセットを味わいにわざわざ行くだけの価値はあります。

アクセス:ウスキュダル船着き場から徒歩4分
TEL:0216-341-5444
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。