懐にやさしいモンゴル料理

ラムモツの煮込み

八角の香りが食欲をそそる「ラムモツの煮込み」


モンゴル人民共和国ではありえないともいえることだが、これも伝統を重んじた上で新しい形に姿を変えた、内モンゴル料理の真の姿である。ワタシはこの店でボーズを食べるときは、まずは何もつけずにそのまま噛みしめ、その後に黒酢ダレをつけて食べるという、贅沢な食べかたを楽しんでいる。こんな嬉しい食べ方ができるのも、内モンゴル料理を提供する「青空」ならではであろう。

羊肉とトマトの炒め物

メリハリのある味にお酒がすすむ「羊肉とトマトの炒め物」

モンゴル料理「青空」
は、内モンゴル自治区の料理を気軽に、しかも良心的な価格で食べられる店。立地は決して良いとはいえないが、モンゴル料理好き、羊肉好きが足繁く通う店である。

オーナーご夫婦は、
“日本人にもっとモンゴルのことを知ってもらいたい。ぜひ一度モンゴル料理を食べてもらいたい。”

との想いから、日本人に食べやすいように料理を若干アレンジすることに踏み切った。モンゴルと日本は同じアジア。モンゴル料理店が数少なくなったいまだからこそ、東京で口にできなくなる前に、一度でもいいから同じアジアの国のごはんをのぞいてみてはいかがだろうか。

モンゴル料理 「青空」
所在地:東京都渋谷区幡ヶ谷2-7-9 仲ビル2F
営業時間:17:00~2:00L.O.
TEL:03-6300-9189
定休日:月曜日
アクセス:京王新線幡ヶ谷駅より徒歩2分
地図:Yahoo!地図情報

■ガイドのモンゴル食紀行

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。