「毛じらみ症(ケジラミ)」とは

横になっている女性

毛じらみに感染したらパートナーだけでなく家族全員の治療が必要です

毛じらみ症(ケジラミ)は、吸血性昆虫である毛じらみの寄生によって発症する性感染症。1970年代中頃から急激に増え、いったん減ってきましたが、1990年代中頃から再度増え始めています。毛じらみ症の原因や症状、治療、予防法について、医師が詳しく解説します。

<目次>  

毛じらみ症の原因・感染経路

毛じらみ症は、毛じらみが陰毛や体毛に寄生することで発症します。毛じらみの感染経路は、ほとんどが陰毛同士が直接接触することなので、性行為による感染が大部分を占めます。

陰毛以外の部位への感染では、親子間、特に母子間の感染もありうるため注意が必要です。寝具やタオルを介する間接的感染もありえますが、毛じらみは人間の体から離れると長くても48時間くらいしか生存できず、1日の移動距離は約10センチほどのため、直接的感染がほとんどです。
 

毛じらみ症の主な症状・感染部位・潜伏期間

主な症状は、毛じらみの寄生した部分のかゆみのみ。湿疹のような赤みなどは出ないのが特徴です。主な寄生部位は陰毛なので、外陰部や恥骨の周囲にかゆみが出ることが多いのですが、肛門周囲や太ももの体毛にも寄生する事があるので広い範囲にかゆみを感じる場合があります。

毛じらみとアタマジラミは種類が異なりますが、頭の毛や睫毛、眉毛にも寄生することがあり、この場合は外陰部以外にもかゆみが出現します。

感染してすぐにかゆみが出ることは少なく、感染から約1~2ヵ月後にかゆみを自覚するようになります。
 

毛じらみ症の治療・対処法

最も費用がかからず確実な方法は、感染部位の毛を剃ることです。感染が陰毛のみに限られている場合は、毛を剃るだけで完治できます。ただし、感染が頭の毛や体毛など広い範囲にわたる場合は、全ての毛を剃ることはできませんので、毛じらみ治療薬による治療が必要になります。

毛じらみ治療薬として国内で認可されているのは、「スミスリンパウダー」と「スミスリンシャンプー」です。いずれも一般市販薬で、処方箋がなくても薬局で購入できます。これらの薬はシラミの卵には効果が弱いため、卵の孵化サイクルに合わせて何回か繰り返し治療する必要があります。シラミの卵の孵化期間は1週間前後のため、3~4日ごとに3~4回繰り返し使用します。

セックスパートナーの治療はもちろん、子どもがいる場合は家族単位でいっせいに治療する必要があります。人から離れた毛じらみも、一定期間は生存している可能性がありますので、衣類はアイロンをかけるなどの熱処理を行うか、ドライクリーニングを行いましょう。
 

毛じらみで病院受診するなら何科? 症状が曖昧なら皮膚科へ

明らかに毛じらみとわかる場合は、上記の通りの治療法となります。感染が陰毛のみに限られている場合は、感染部位の毛を自分で剃るだけで治療できます。

毛じらみかどうかが分からず病院を受診したい場合は、皮膚科受診がよいでしょう。
 

毛じらみ症の予防法…コンドームでの予防は不可

コンドームでは予防できないため、毛じらみに感染している相手との性的接触を避けるしかありません。陰毛に卵のようなものが付着しているなど、毛じらみに感染していることが疑われる場合は接触しないようにしましょう。

また、多くの場合、感染から1~2ヶ月経って症状が出るため、症状が出る1~2ヶ月前に接触のあったパートナーには感染の有無を確認し、治療を促す必要があります。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項