「お中元」を送る側のエチケット

お中元の送り状、お礼状の書き方と文例

「お中元」を送る側、受け取る側も気くばりを大切に。

お中元を贈る相手というのもさまざまですが、一般的には、ビジネスの場では取引先宛であったり、日常生活では、仲人や恩師やお世話になった方宛など、目上の人に贈るという場合がほとんどでしょう。相手の好みを考えたり、何を贈るかというのももちろん大切ですが、贈り物だけを送るというのも何だか味気ないものです。

お中元は季節の挨拶としてのものですが、それと同時に日頃のご無沙汰を詫びたり、お世話になったお礼の気持ちをこめて送るものですから、短くともひと言送り状が添えてあるだけで、印象はまったく違うものです。


「お中元の送り状」の基本構成

  • 時候の挨拶の言葉
  • 相手の健康を伺う、気遣う言葉
  • ご無沙汰のお詫びや日頃の感謝の言葉
  • 贈り物についてのひと言
  • 相手の健康を気遣う言葉や今後も変わらぬお付き合いを願う言葉など

特に形式があるというものでもありませんが、基本的な流れとしてはこのような形で書かれることがほとんどでしょう。お中元を送る時期としては、7月の初旬ぐらいから中旬ごろが一般的なようです。ちょうど「暑中見舞い」の次期でもありますから、暑さの中、相手の健康を伺うようなひと言を添えて送ることもあります。

また、送り状は、品物とは別に事前にはがきなどで送る場合もありますし、お中元の品物に添えて(同封して)送る場合もあるでしょう。デパートなどから送る際も、お願いすれば、送り状や挨拶状を入れてもらうことができますので、少しの手間は惜しまずに、日頃のお礼の気持ちをこめて、時にはひと言添えるのもいいものです。


文例:ご無沙汰のおわびも兼ねて 品物に添えて 

日増しに暑さが厳しくなってまいりました。
皆様お元気でお過ごしのことと存じます。
いつも何かとお世話になるばかりで、ご無沙汰をしまして失礼を
お許しくださいませ。
夏のごあいさつのおしるしまでに、お送り申し上げますので、
どうかご笑納ください。
暑さ増します折、どうぞご自愛のほど、お祈り申し上げます。

次は、お中元をいただいた際のお礼状の書き方をご紹介します >>