美しいライティング・ジュエリー

ルイス・エドソン・ウォーターマン

ルイス・エドソン・ウォーターマン

1883年、“毛細管現象”を応用した世界で初めてのインクシステムをルイス・エドソン・ウォーターマンが生み出した。万年筆の歴史はそこがスタート地点と言うことができる。ウォーターマンはその後も、万年筆にいくつもの発明を注いできた。1905年にはクリップ付きのキャップを発明。さらに1927年にはカートリッジインクを世界で初めて発売している。

1926年にはアメリカからフランスのパリへと拠点を移し、デザイン性を重視した商品の開発へと注力するようになる。そして1970年にはインダストリアルデザイナーとして活躍していたアラン・カレを専属デザイナーとして迎え、デザイン性をいっそう洗練させた。

その結果、ウォーターマンの作品は“ライティング・ジュエリー”とも呼ばれるようになる。“WATERMAN IS A CREATOR”というブランドコンセプトの賜物であり、フレンチエレガンスをイメージさせるフォルムと美しいカラーリングは、万年筆以外のペンでも高い評価を得るようになった。また昨今は、アーティストやクリエイターとのコラボレーションに力を注ぎ、アニエスベーのアート基金を支援する活動もその一環と言える。

次のページでは、デザイン性の高い代表的モデルも紹介する。