イタリア/シチリア島

シチリア(5ページ目)

地中海に浮かぶイタリア最南端の島シチリア。近年、急激に人気の高まっている観光エリアのひとつです。シチリア島の概要と歴史、見どころ、グルメ、アクセス方法などをご紹介します。

岩田 デノーラ 砂和子

執筆者:岩田 デノーラ 砂和子

イタリアガイド

シチリア島の気候

sawa_sicilia7

11月のパレルモにて。温暖な気候で過ごしやすい

年間を通して温暖なシチリア島。11~2月の冬は、それなりに寒いですが、残りの季節はほぼ快適。特に春が訪れる3~4月は、花が咲き乱れ、まるで天国の趣。5月から年によっては泳ぐこともできる程温かくなり、6~8月は夏本番。9・10月は少し涼しくなりますが、それでもやっぱり海に入れる日もあり長い夏が続きます。

空気が乾燥しているため、40度まで気温の上がる真夏でも日中(13~16時頃)を除けば、爽やかで過ごしやすいですが、太陽の光が強いため、帽子・サングラス・日焼け止め・水は四種の神器。熱中症・熱射病対策は必須です。特に、7・8月の遺跡観光は時間帯を選びましょう! (遺跡は得てして日陰がない)また、年間を通して、朝晩・太陽の出ている時間帯の温度差は大きく、10度位の差が出る時もあります。真夏でも朝晩ははおるものが必要ですが、一方、真冬でも昼間は半袖で歩けることも。脱ぎ着の調節がしやすい格好がオススメです。

シチリアへのアクセス

sawa_siclia11

イタリア半島(本土)とシチリア島の間に横たわるメッシーナ海峡。向かい側に見えるのがカラブリア州

日本からシチリアへのダイレクト便はありません。日本からイタリアへ、直行便を利用した場合は、ローマかミラノで乗り換えが必要です。ローマ空港・ミラノ空港からシチリア島へは、パレルモ空港かカターニャ空港へ。どちらからも約1時間前後のフライトです。

イタリア国内からシチリアへのアクセスは、アリタリア航空のほか、ブルー・エクスプレス、ウィンド・ジェット、イージー・ジェット、エアーワンなど各社エアラインが運行しています。

空からのアクセス以外に、海から・陸から、シチリアへ上陸する方法があります。海からは、ナポリ港やチビタ・ベッキア港から、パレルモ港・カターニャ港へ。車も乗せられるフェリーが出港しています。たいてい真夜中に出港し、明け方シチリアの港に到着しますので、意外にも時間を有効に使える方法のひとつです。

また、陸からの場合は、ナポリでシチリア方面へのインター・シティを利用。海沿いを走り、メッシーナ海峡を車両を分断して船に乗せて渡ります。海沿いを走るインターシティの車窓の美しさ、ドラマチックな上陸方法ですが、これは、時間がたっぷりある方におススメです。
【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場でイタリア関連の書籍を見るAmazon でイタリアの旅行ガイドを見る
【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
  • 前のページへ
  • 1
  • 3
  • 4
  • 5
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます