髪の毛スポット・お土産編

京都では、昆布をダシだけでなくご飯のお供としても食べるため、昆布の佃煮を売る店が多いです。また、舞妓さんや芸妓さんが多いこともあって、髪の毛関係の伝統的なグッズを売る店が多いのも特徴。

おすすめその1
京こんぶ 千波

佃煮

ずらりと並んだ昆布の佃煮

「京の台所」として有名な錦市場にあり、ダシ用の高級昆布が各種そろっています。御飯の供になる昆布の佃煮も百種類以上あり、小分けパックになっているので、お土産にもよいですね。

わたしのおすすめは「おやじ泣かせ」という名のついた、おかかまぶしの昆布の佃煮。これを、知り合いのおじさんにあげたら、本当に美味しくて泣けるほどだと言っておられました。その方は実際、少しだけ髪が薄めですが、果たしてご利益があるでしょうか。

千波
住所:京都市中京区錦小路通柳馬場西入ル西魚屋町486-1
TEL:075-241-3935
地図:Yahoo!地図情報

おすすめその2
つげくし二十三や

櫛

つげの櫛ができるまで。まずは木を切って乾燥させ、ざっと形を作り、きれいに磨いて仕上げます

つげの木で作った櫛は、日本の伝統的なヘアケアグッズ。つげの櫛はプラスティックのブラシと違って静電気を起こさないため、切れ毛や抜け毛を防ぐ効果があります。

熟練の職人によって作られたつげ櫛は肌あたりも柔らかく、繰り返して使っても、頭皮を傷めません。高価ではありますが、消耗品ではなく、一生物です。男性用もあるので、この機会にぜひ自分専用の櫛を入手して、毎日こまめにお手入れを。

二十三や
住所:京都市下京区四条通河原町東入
TEL:075-221-2371
地図:Yahoo!地図情報

おすすめその3
かづら清老舗

つばき

美しい黄金色のオリジナルのつばき油

つげ櫛を使う際には、これもまた日本古来のヘアケア製品であるつばき油を使います。地つげ櫛は椿油をしみこませることによって、より滑らかに使いやすくなります。また、ヘアパック、頭皮マッサージなど、さまざまな使い方もあります。

この店は、古くから、かづら、かもじ、かんざしなど髪に関する小間物を扱う老舗でした。つばき油も、九州の五島列島産の椿の実を使ったオリジナル商品で、髪を大切にする方へのお土産として最適。つばき油は男性でも使えますが、女性用の化粧品に加工された商品も豊富です。

かづら清 祇園本店
住所:京都市東山区祇園町北側285
TEL:075-561-0672
地図:Yahoo!地図情報