30歳になるときは、いろいろ考える

30歳はひとつの人生のターニングポイントです。過去を振り返ってみたり、これからのことを考えてみたりします。少なくとも、29歳や31歳の誕生日よりは、誕生日を迎える気持ちが違うはずです。

毎年人生のことを真剣に考えるのは大変ですが、5年に一度くらいは自分の人生について考えてみることは有効だと思います。私も30歳を迎えたときは、いろいろ考えたものです……(と、遠い目をしてみる)。

さて、私はFP(ファイナンシャル・プランナー)ですし、これから30歳を迎える人へ「いろいろ考えるなら、このあたりを考えとくといい」というテーマをいくつかご紹介したいと思います。

30歳の誕生日を前に、いろいろ考えてみたいものの、具体的に何を考えるべきか悩んでいる人はぜひ、以下のポイントを考えてみてください(30歳を過ぎた人も気にせず考えてみてください!)。

まずは30歳で考えてみたいチェックリストから

まずはざっと15項目ほどあげてみます。30歳を前に「今までと、これからの10年」を考えながら、ひとつひとつ自問自答してみてください。

(ライフプラン関係)
1・結婚はしたいか/しているならどう過ごすか
2・子どもはいるか/この先欲しいか/教育費はどうするか
3・親は10年後に何歳になっているか/介護はどうするか
4・家は買うか/買わないか/買うならどうするか
5・保険は必要十分か/少なすぎないか/高すぎないか

(キャリアプラン関係)
6・昨年の年収はいくらか/それは納得できる額か
7・今のままで年収は増やせるか/見合った能力向上はできるか
8・転職は考えるべきか/転職活動をしてみるか
9・自分の業種(職種)は10年後どうなっていると思うか
10・キャリアアップに役立ちそうな資格はあるか/取るか

(資産形成関係)
11・30歳時点でいくら貯められたか/今後はどうするか
12・借金はいくらあるか/どう返すか/これ以上借りない方法は
13・銀行口座・クレジットカードをむやみに作ってないか
14・証券口座は持っているか/運用をどう考えていくか
15・自分が今後貯めるべきお金はどれくらいなのか

→それぞれ考えてみたいポイントを紹介。次ページ