Q:葉に虫食い跡があるときは?

アオムシ・ケムシ

食害の跡を見つけたら、葉の裏などをチェック!

アオムシやケムシに食べられています。葉の裏などをよく見て、虫を発見したら割り箸などで取り除き、処分します。放っておくと、葉が食害されてしまうので、生育が阻害されてしまいますし、何より、見た目が悪くなってしまいます。食害の跡が見られない場合でも、周囲に黒い粒状のフンが落ちていたら、アオムシがいるサインです。フンの上に当たる部分をよくみて、アオムシがいたら処分しましょう。

アオムシやケムシは、ご存じのとおりチョウやガの幼虫ですので、卵を産みつけられるのを防げば、発生を防ぐことができます。予防法としてガイドがおすすめしているのが、「寒冷紗」という布で覆う方法。具体的な方法については、「レタスの育て方」で紹介しています。

ここで紹介したいずれの病害虫も、最大の対処法は、早期発見・早期退治です。日頃の水やりの際に良く観察するクセをつけて、すぐに取り除けば、薬剤などを使用せずに被害を食い止めることができます。ポイントは、葉の裏や新芽の付け根の部分を特によく観察すること。毎日のちょっとした気遣いが、病気や害虫を防ぐことにつながります。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。