ローカルフード、サイミンの専門店がオープン!

ワイキキから車で約15分。アラモアナセンターと空港の間、イヴィレイ地区にオープンしたタナカ・サイミン

ワイキキから車で約15分。アラモアナセンターと空港の間、イヴィレイ地区にオープンしたタナカ・サイミン

ハワイのローカルフードの1つ、「サイミン」。干しえびダシのあっさりスープに太めのちぢれ麺、チャーシューの細切りとネギが入ったハワイの汁そばです。そんなサイミン専門店が、2010年秋、ダウンタウン近くのイヴィレイ地区(ミニッツ・ハイウェイ沿い)にオープンしました。

老舗「ブルバード・サイミン」の味を受け継ぐ店

広くてキレイな店内。ランチタイムはローカルでいっぱいに

広くてキレイな店内。ランチタイムはローカルでいっぱいに

サイミン専門店といえば、ディープなローカルタウンにあって、創業50年、60年といった食堂が一般的。そんなサイミン界に新参者現る?と思いきや、実はこちら、オアフで1、2番の人気を競う、創業1956年「ブルバード・サイミン」(2010年「ディリンハム・サイミン」に改名)の創業者タナカ氏のお孫さんがオープンした店なのです。

真新しいビルの1階にある店はとても広く、ファミレスのよう。ランチタイムは、若者からお年寄りまで、ローカルで大盛況! 旅行者には、ロコモコやスパムむすびほどメジャー感のないサイミンですが、改めて、ローカルに愛されるローカルフードなのだと実感しました。

濃厚えびダシスープがクセになる!

普通サイズのワンタンミン(6.05ドル)。一緒についてくる小皿のカラシをしょう油で溶き、具や麺に付けながら食べるのがローカル式

普通サイズのワンタンミン(6.05ドル)。一緒についてくる小皿のカラシをしょう油で溶き、具や麺に付けながら食べるのがローカル式

メニューは、基本のサイミン(5.45ドル)、ワンタン入りのワンタンミン(6.05ドル)、汁なしのフライドサイミン(6.25ドル)のほか、卵とじワンタンミン、モヤシサイミンなど、どれもシンプルでリーズナブル。

大盛りワンタンミンに、タルタルソースを付けて食べるえびの天ぷら?!が2つ付いたタナカ・スペシャル・サイミン(8.45ドル)

大盛りワンタンミンに、タルタルソースを付けて食べるえびの天ぷら?!が2つ付いたタナカ・スペシャル・サイミン(8.45ドル)

一般的なサイミンは、麺にコシがなく、ダシも塩気も薄めなのですが、こちらは、ギュッと濃厚なえびダシで塩気は濃いめ。麺にもコシがあり、今まで食べたどのサイミンよりも美味しい! この日は、大盛りのワンタンミン(6.45ドル)を頂きましたが、えびダシスープがクセになって、スープも含め完食でした。

サイミンは、麺のコシやスープの濃さなど店によって差があり、初めて食べた店のイメージで好みが分かれるもの。タナカ・サイミンなら、えびダシスープの塩梅も日本人好み。サイミン初体験の人も、これまでサイミンが得意ではなかった人も、一度トライしてみませんか?

<DATA>
■TANAKA SAIMIN(タナカ・サイミン)
住所:888 N.Nimitz Hwy. ワイキキ・クヒオ通り山側バス停からザ・バス19・20・42番利用。レンタカーの場合、アラモアナ通り経由ミニッツHwyで約15分
TEL:808-524-2020
営業時間:日~月曜7:00~21:00、金・土曜7:00~22:00

サイミンの歴史とワイキキ、アラモアナ周辺で食べられるサイミンの紹介はこちら>>>ホノルルでハワイの汁そば・サイミンにチャレンジ!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。