ちょっと不思議なハワイグルメ、サイミンって?

麺のコシやスープの濃さなど店によって差があり、好みも分かれるサイミン

麺のコシやスープの濃さなど店によって差があり、好みも分かれるサイミン

脂が浮かない澄んだスープに縮れ麺、そして、なると、チャーシュー、ネギが入ったハワイのローカルフード、サイミン。見た目は日本のラーメンなのですが、そのお味は——。日本人なら、ひと口目に軽い衝撃を受ける(?!)ハワイの不思議グルメにチャレンジしてみませんか?

日系移民から生まれたえぴダシ麺

プレートランチ同様、サイミンは、20世紀初頭のプランテーション時代に日系移民から生まれた家庭料理で、日本のダシ汁に中華麺を入れたのが始まりといわれています。そこから、各国移民の故郷の味がミックスされて、現在のサイミンに。サイミンの語源も、「細麺」の中国語読みだとか、沖縄の方言だなど諸説あるようです。

左上の小皿に注目。サイミンにはどの店でもカラシが付いてくる

左上の小皿に注目。サイミンにはどの店でもカラシが付いてくる

気になるお味ですが、スープは、干しえびダシがベースのあっさり味で、太めの縮れ麺にはコシがなく、日本のラーメンをイメージして食べると、そのギャップにちょっとビックリするはず。さらに、サイミンに添えられた小皿のカラシをしょう油で溶き、麺や具につけてアレンジしながら食べるローカルも多く、その姿に、またビックリすることでしょう。

よく、サイミンはハワイ版ラーメンと言われますが、ガイド的には、沖縄そばに似たハワイの汁そばという感じでしょうか。沖縄やハワイのような暖かい気候には、さっぱり薄味のスープがマッチするのかもしれませんね。

 

マクドナルドのご当地メニューにもサイミン

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ「トロピクス・バー&グリル」では、サイミンは朝食メニュー。エビ、スパム、青梗菜が入ったオシャレなサイミンでした

わヒルトン・ハワイアン・ビレッジ「トロピクス・バー&グリル」では、サイミンは朝食メニュー。エビ、スパム、青梗菜が入ったオシャレなサイミンでした

旅行者には、ロコモコやスパムむすびほどメジャー感のないサイミンも、ハワイでは、マクドナルドのメニューに登場するほどポピュラーな食べ物です。オアフ島をはじめ、ハワイ島、カウアイ島など各島に老舗のサイミン専門店があり、野菜、スパムなどがトッピングされたもの、照り焼きビーフが添えられたもの、汁なしのフライドサイミンなど、メニューもバリエーション豊富。「ワンタンミン」と呼ばれるワンタン入りのサイミンも人気です。

レインボー・ドライブインのカップ入りサイミン(右・2.95ドル)とロコモコ

レインボー・ドライブインのカップ入りサイミン(右・2.95ドル)とロコモコ

また、ハワイ各地で展開するハワイ生まれのファミレス「ジッピーズ」、カパフルの老舗プレートランチ店「レインボー・ドライブイン」では、カップラーメン風のお手軽サイミンを販売。ワイキキのホテルには、お洒落にアレンジしたサイミンを出すレストランもあります。

次ページでは、サイミンが食べられるワイキキ、アラモアナ周辺のお店をご紹介します。