エルメスがメキシコの先住民文化にリスペクト!

hermestenango

テナンゴ刺繍柄がかわいい!エルメスのスカーフ(C)Tienda MAP

museoApTenango

ムセオ・デ・アルテ・ポプラルに飾られたテナンゴ刺繍

メキシコの重要なルーツである先住民たちの文化。メキシコには現在、62の先住民族が存在するのですが、それぞれの民族衣装には素晴らしい刺繍がされているものが多く、特徴も異なります。国際的に見ても、メキシコ先住民の手刺繍が施されたブラウスやテキスタイルの数々が、とても人気を集めているんです。

そんなメキシコ先住民の刺繍に注目したのがフランスのファッション・ブランド、エルメス。エルメスの代表アイテムといえば、シーズンごとに新しいデザインを発表するシルクのスカーフ(通称カレ)ですが、2011年春夏のテーマは、なんとメキシコ。

メキシコシティの隣、イダルゴ州のテナンゴ・デ・ドリアという地域を拠点にする先住民オトミ族の刺繍をモチーフにしています。この地域の刺繍は、動物や植物が登場する神話をモチーフにしたカラフルなもので、そこには自然への畏敬の念が込められています。そんなオトミ族の文化を象徴するかのようなエルメスのスカーフはオトミ語で「Din Tini Yä Züe」(自然とひとの出会い)と名付けられました。このスカーフ、初回11万700枚が製造され、日本を含む全世界のエルメスで5360メキシコペソ(日本での価格は35,700円)で販売されています。

スカーフのモチーフとなった刺繍の職人たちをエルメスに紹介したのは、メキシコシティにある民芸品博物館、ムセオ・デ・アルテ・ポプラル。テナンゴの刺繍名人の女性たちを6人集めて、2 週間かけて作業が行われ、2011年3月3日には博物館に職人たちも招き、スカーフの完成お披露目会も開催されました。

今まで有名ブランドがメキシコ先住民の民芸をモチーフに扱う機会はあっても、作業の報酬を支払ったら、関係もそれきりというケースが少なくありませんでした。しかしこのエルメスのプロジェクトでは、職人たちの希望により収益のほとんどを地域の文化育成のため、小学校改築の資金にあてるようにしました。個人に刺繍やデザイン料を支払って終わりにするよりも、地域の未来に貢献してもらったほうがいいと考えたのです。さらに今後のスカーフの売り上げやデザインの著作権から得た利益で、刺繍職人の後継者育成センターを計画しているそうです。

ちなみに、このプロジェクト実現に尽力した民芸品博物館では、6つのフロアにメキシコ全土の名職人たちによるテキスタイル、仮面、人形、陶芸などの民芸品が集められています。メキシコのどの地域にどんな先住民族がいて、どのような民芸品を作っているのか知る参考になるので、メキシコシティ観光の際にはぜひ訪れてみてください。もちろん、手の込んだテナンゴ刺繍も展示されています。併設のミュージアムショップでも、テナンゴ刺繍のほか、メキシコ各地の名職人たちによる確かな民芸品を販売しています。

<DATA>
Museo de arte popular(ムセオ・デ・アルテ・ポプラル)
住所:Revillagigedo11, esq. Independencia, Col. Centro
開館時間:10:00~18:00 (水曜~21:00)月曜休
料金:40メキシコペソ(日曜無料)
アクセス:地下鉄3号線 Juares(フアレス)駅から徒歩3分
TEL:5510-2201

テナンゴの刺繍テキスタイルをお土産に!

textilTenango

テナンゴ刺繍タペストリーは、400メキシコペソ。メキシコ国旗のシンボルである、蛇と鷲のモチーフ

bazarsabadoTenango

サン・アンヘルのバサール・デル・サバドには豊富なテナンゴ刺繍が

可愛い動物モチーフとビビッドな色合いが魅力のテナンゴの刺繍は、海外の旅行者からも人気が高く、メキシコシティ内の民芸品を扱うショップや市場でもよく見かけます。手軽なコースターサイズものが30メキシコペソから、壁に飾るタペストリータイプは200メキシコペソぐらいから。

メキシコシティ南部のサン・アンヘル(San Ángel)地区サン・ハシント広場(Plaza de San Jacinto)周辺で毎週土曜日に行われる民芸品、アートの市場、バサール・デル・サバドでは、生産者たちが直接、豊富な種類のテナンゴ刺繍の布を販売しているので、おすすめです。

<DATA>
■Bazar del sabado(バサール・デル・サバド)
住所:Plaza de San Jacinto, Col. San Ángel
開催時間:11:00~17:00 毎週土曜
アクセス:メトロブス La Bombilla(ラ・ボンビージャ)駅から徒歩5分
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。