投資信託は運用スタイルによって「インデックスファンド」と「アクティブファンド」の二つに大きく分かれます。まずはそれぞれの特徴の違いをおさえましょう。

「インデックスファンド」と「アクティブファンド」の違いって?

インデックスファンドとアクティブファンドの違い

インデックスファンドとアクティブファンドの違い


「インデックスファンド」とは、値動きが日経平均株価やTOPIX、MSCIコクサイ(日本を除く先進主要国の株価指数)といった、市場平均ともいえる代表的な指数(インデックス)に連動する投資信託です。

インデックスファンドでは指数に連動させるために、指数の構成銘柄とほぼ同じ銘柄を同じような構成比で組入れます。その管理はコンピューターがおこなうのが一般的で、運用・管理に人手間やコストがかからないぶん、継続コストである信託報酬が安いのが特徴です。

市場全体に投資しているので分散投資の効果が高く、値動きが比較的抑えられるという特徴もあります。また、連動対象である指標の動向はニュースや新聞などで報道されるため、投資家が基準価額の動きをつかみやすいという利点もあります。

インデックスファンド同志で値動きに大きな差は生じにくいため、運用はコストの安いものほど有利になりやすいといえます。


一方、「アクティブファンド」とは、指数を上回る運用成果をめざす投資信託です。ファンドマネージャーが、値上がりを見込める銘柄に積極的(アクティブ)に選別投資することで高いリターンを追求します。

組入銘柄を選定するための調査や分析などに手間もコストもかかるため、信託報酬はインデックスファンドより高めです。また、ある程度銘柄を絞り込んで山をはっているぶん、インデックスファンドよりも値動きのブレが大きくなる傾向があります。

銘柄選択が功を奏して市場平均を上まわる成績をあげられることもありますが、反対に思惑がはずれて市場平均を下回ってしまうことも。アクティブファンドの運用成績は、ファンドごとのコンセプトやファンドマネージャーの手腕に大きく左右されるといえます。

インデックスとアクティブ、成績が優位なのはどっち??次のページへ>>>