近頃はファッションとしてだけではなく、紫外線や花粉症などの対策として、サングラスをかける男性が増えてきました。オン・オフといったシーンには関係なく、ビジネスにも最適なサングラスを探す必要がでてきています。そこで今回は、スーツとジャケット&パンツのコーディネートといったビジネスシーンにも対応できるサングラスをご紹介しましょう。

やっぱりスーツにはティアドロップ

まずはティアドロップのサングラス。このレンズの形を英語では“涙のしずく”と言いますが、日本ではなぜか“茄子型”と言います。しかしこの呼び名には似合わず、このフォルムのサングラスはどこかクール、少々こわもての印象があるため、ビジネススーツにもよくマッチします。

どんなスーツによく似合うかというと、ダブル・ブレストでもシングル・ブレストでもかまいませんが、シェイプが細身のもの。色はダークなものよりも、リラックスした夏らしい明るいグレーやネイビー、ベージュなどがおススメです。さらに、細身のシェイプを強調するようなストライプ柄のものであれば完璧でしょう。
マイキータ

クールな印象のティアドロップのサングラスはカジュアルな格好よりもビジネススーツにコーディネートしてみましょう。かけたときに、眉毛が見えないようにするのがコツ。マイキータのサングラス3万9900円マイキータ ショップ トーキョー TEL:03-6427-5232) Photo:佐山順丸(CRACKER STUDIO)

ここでティアドロップのサングラスをかけるときの注意を少し。それは眉毛についてです。ティアドロップのサングラスを格好よくかけるには、眉毛がレンズで隠れるものを選ぶことがポイントです。ティアドロップの魅力は何と言ってもクールさ。眉毛がサングラスの上からはみ出ているととなんだか気が抜けてしまったように見えてしまうからです。


次のページでは、ウエリントンによく合うスタイルについて解説します