ARの世界はこれからもっと広がっていく

NGPの図

NGPにもカメラが標準装備されることが発表されています。(イラスト 橋本モチチ)

ARカードで上手に人物大のキャラクターを撮影する方法をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。ARゲームズでは、例えばマリオとリンクとピクミンをいっぺんに出して撮影するとか、Miiを10体組み合わせて撮影する、なんてこともできますから、色々試してみてください。

また、これから発売されるARを利用したゲームにも応用できるでしょうから、Miiの撮影には興味ない、という方でも、頭の隅に覚えておいていただくといいかもしれません。

おそらく、ARゲームズだけでなく、ARを使った遊びは色んなゲームに取り入れられていくと思われます。3DS対応ソフトはもちろんですが、PSPの後継機であるNGPにも、カメラが標準装備されることを忘れてはいけません。

ソニー・コンピューターエンタテインメント(以下SCE)でARと言えば、2007年にPlayStation3で発売されたTHE EYE OF JUDGMENT BIOLITH REBELLION ~機神の叛乱~SET.1という、対戦型のカードゲームが非常に印象的です。カードを置くとそこからモンスターが出てくるという演出が、まるでカードゲームのアニメそのものでした。注目すべきは、今から3年以上も前にそれだけのものを製品化していたということでしょう。

NGPでは、すでにARに関するデモなども行われていますから、ARの技術を使った新しいゲームが出てくる期待は十分です。

3DS、NGPと新しいハードが発売されていく流れの中で、ARのような驚きのある技術を使った新しい遊びが競って提案されることは、ゲーム業界を盛り上げていく大きなチャンスであると言えます。これからどんどん、ユーザーをビックリさせるようなゲーム体験が登場するかもしれませんね。新しい携帯ハードの時代と共に、また新しいゲームがたくさん生まれることを、期待したいと思います。

【関連記事】
ドラゴンが向かってくるから、思わずよけてしまった(AllAboutゲーム業界ニュース)
次世代PSP「NGP」 海外市場への宣戦布告(ゲーム業界ゲーム業界ニュース)
3DSを10台もって、全国を旅しています。(AllAboutゲーム業界ニュース)

【関連サイト】
田下広夢の記事にはできない。(ゲーム業界ニュースガイド個人運営サイト)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。