逆三角形の背中を手に入れる「シングルハンドチューブロウ」

背中の筋肉(広背筋)、その中でもわきの下(両サイド)の筋肉をつけ、筋肉の羽を身にまとうように逆三角形のシルエットをつくる種目。この部位は通常、自宅の運動だけでは負荷をつけにくい箇所ながら、チューブの特性を最大限活用したこの運動ならハイレベルな効果を引き出せます。

シングルハンドチューブロウその1

手順1

【HowTo】
片脚を大きく前に出し、かかとでチューブを固定する。このときにチューブの長さを調節し、適度な負荷にしておこう

 
シングルハンドチューブロウその2

手順2

背すじを伸ばし、胸を張り、肘をまっすぐ垂直に引き上げる

 
【ポイント】
・じっくり10回/1セット(※左右の脚それぞれ)を1日2セット実施が目安
・背筋は伸ばしてしっかり固定し、チューブは床と垂直に上下動作する。腕を伸縮するときに上体がつられて前後に振られないよう注意が必要
・チューブのハンドル部を2重にして使うと負荷を最大限に活用できる


背中は、自分の目こそ届きにくいものの、他人の目はよく届く部位。自分以外の人たちからもっとも見られているのは、実は背中なのです。しっかりトレーニングをして、バランスの取れたボディを目指していってください。





■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。