女性の魅力を印象づけるアイメイク!

ビフォー&アフター

ビフォー&アフター。ブラウンシャドウのアイメイクで印象が一変!

女性の魅力を印象づける、一番のパーツはやっぱり目もと。そのアイメークの鍵を握るのは、光と影による「陰影のコントロール」です。陰影の錯覚により、実際よりも目が立体的に大きく、魅力的な瞳のきらめきもプラスすることができます。

その基本的なテクニックは、アイシャドーの「グラデーション」。私がメーク現場で培った、「新見流・美のルール」をご紹介しながら、まず使いやすいブラウンシャドウで、はじめてみましょう!


用意するもの

  • アイシャドー4点 (ブラウン・シャンパンゴールド・ゴールド・パール入りのホワイト)
  • アイライナー2点 (ペンシルのブラック・極細リッキッドアイライナーのブラック)
  • マスカラ(ブラック) 
  • ビューラー
  • まつげをとかすコーム
■ポイント
アイライナーとマスカラは、パンダ目防止のためウォータープルーフを。

1. 目のまわりのくすみを取る 

あ

 少量づつけるように!

アイシャドーの発色を良くするために、まずは目のまわりのくすみをとります。

コンシーラを少量とり、まぶたの上に軽くのせ、薄くのばします。

 

2. シャンパンゴールドのアイシャドウをつける

紫のマーク部分全体につけます

紫のマーク部分全体につけます

細かいラメの入ったシャンパンゴールドのアイシャドウを、まぶた全体に軽くのせます。

■ポイント
このカラーを先にのせるだけで、次のアイシャドーがくすまず、とてもきれいな発色に!

 

3.  まつげをカールする

 

 

まずビューラーでまつげの根元をキャッチし、はさみこみこむ。

 
 

 

軽くまつ毛の手前にビューラーをスライドさせながら、手首を上にかえす。

 
 

 


さらに手首を上にかえして、まつ毛をカールさせていく。手首を大きくかえして行うと、キレイにカールがつきやすい。

 
■ポイント
まつげがあがりにくい場合は、ビューラーをドライヤーであたためてから行うと、きれいな仕上がりに!

目の形にあったビューラー選びはとても大切です。私はお仕事で資生堂、シュウウエムラ、SUQQUのビューラーを、モデルの目の形によっ て使い分けています。