価格との折り合いが難しいiPad用ケースの実情

iPad用のケースは、iPhone用ケースに比べると、種類も少ないし、アップル純正のケースを使っているユーザーがかなり多いのが実情です。それは、一つには、iPad用ケースは全体に価格が高いせいでしょう。iPhoneに比べ、物理的に大きいのですから当然ですが。そのため、例えば良い革でケースを作ろうとすると、革の量が増えるし、コバを磨く距離も長くなるため、数万円になってしまいます。安い革を使い、コバを塗りや切りっ放しで処理しても、5000円以下で作る事は難しい。

また、iPhoneほど、カバーの意味が薄いことも、ケースが普及しない理由の一つでしょう。iPhoneだと十分保護の意味合いがある背面カバーも、iPadだと保護用としても飾りとしても、あまり意味がありません。かといって、保護力を重視したケースに入れると、ノートパソコン(特にMac Air)とサイズ差がなくなってしまいます。カバンに入れた時にノートパソコンと同じくらい場所を取るのでは、iPadを使う意味も薄れてしまいます。今回、アップルがiPad2の発売に合わせて、ケースではなく画面カバー(風呂の蓋と言われてる「Smart Cover」ですね)を発売したのは、その辺りの事情をきちんと分析した結果だと思います。

そんな現状を踏まえつつ、その中でも使う価値があるのではないか、と思われるiPadケースを、iPhoneケースの時と同じく、iPod Style主宰の戸津裕貴氏と一緒に選んでみました。今回選んだ全てのケースが、ケースに収納したまま使えるようになっているのは、iPadというツールは、本来、保護される事よりも、どこででも取り出して使う方が似合うツールだと思っているからです。ノートパソコンと、いわゆるタブレットの一番の違いは、そこにあるとガイド納富は考えています。

ということで、今回も一応順位がついていますが(しかも、その順位は戸津さんと議論を重ねて考えたものですが)、それは私たちの趣味の順位だと考えて下さい。例によって、ここで取り上げる5つのケースは、どれも、現時点での名作と言ってよいものだと考えています。

5位:moshi「concerti for iPad」

iPadケース01

色は、写真のFalconGrayの他、SaharaBeige、TyrianPurpleの全三色。moshi「concerti for iPad」5985円

外装は手触りの良いマイクロファイバー製、iPadを固定する部分にはシリコン製のフォームフィッティングケースを利用した、横開きフラップ式のケースとしては、かなり薄くて軽い製品。色も、写真のグレー(FalconGray)の他、ベージュ(SaharaBeige)、パープル(TyrianPurple)と、よくある黒や赤や白ではない所を狙ってきているのが良い感じです。マイクロファイバーなので、こういう中間色が素材の質感に良く合っています。フラップは留め具を用意せず、単にパタッと閉じるだけですが、その割り切りのおかげで、カバンなどからの出し入れがしやすく、また本棚などに立てやすくなっています。
iPadケース02

フラップ部分の出っ張りを使って、スタンドのようにiPadを立てて使う事も可能

「とにかく、使い勝手が良いんです。軽いし、背面に指を差し込むスペースがあるのも、片手操作が多い人にはとても便利です。シンプルで必要十分の機能が用意されていて、デザインもしっかりしていて、価格も手頃。コストパフォーマンスの高さが凄いです。使う人を選ばない感じも気に入っています」と戸津さん。実際に使ってみると、シンプルな見た目の割に、スタンド代わりになる機能もあり、ストラップが付けられ(この機能はiPadケースには珍しい)、さらに背面に手を差し込んで持ち手を安定させるスリップがあるなど、かなりの高機能だということに気がつきます。特に、戸津さんもコメントしているように、背面のスリットは、好きな方が多いような気がします。
iPadケース03

背面には手を差し込むことができるので、片手で持つ時の安定性が向上する

多少、ケース自体に厚みがあるので、やや場所を取る感じがするのがネックと言えばネックですが、保護に重点を置いたケースの中では、明らかにコンパクトで軽いのは事実。フラップに留め具がないのも、使い勝手としてはとても良く、むしろ留め具付きのケースが面倒に思えるほど。使っていると何となく愛着が沸く、不思議なムードも持っています。


次のページは第4位の紹介です。