【インテリア・ノート】その3「暮らし方を表すテーブル」では、お部屋別にあるテーブルの種類についてお話しました。
ダイニングルームに引続き、リビングルーム、玄関・通路、書斎、子供部屋、和室等、お部屋ごとに配置するテーブルのポイント、お部屋ごとに配置するテーブルのポイントについて学びましたね。

さて、
今回からはお部屋で使用する各種テーブルの中で「おすすめテーブル」。テーブルは、素材や仕上げ、構造、価格、ブランド等、悩んでしまうほど種類が豊富ですが、中でも筆者がコレは!、とおすすめしたいテーブルをご紹介します。

まずは、ダイニングテーブル
ダイニングテーブルは、食事や軽作業の為に使用するテーブルです。住まいの空間では家族や友人知人がこのテーブルを囲んで使用する頻度が高いテーブル、言わば「お家の中のメインテーブル」ですね。

ディテールが美しいデザイナーズテーブル

■#01 Round Table(ラウンドテーブル)

ダイニング1

                                                   引用:Table Design /六耀社,P48

まるで、金属彫刻のようなテーブル:Round Table(ラウンドテーブル)
六本の金属棒の先端にある金属球にステンレスワイヤーを通し、バ ランスをとりながら固定された脚。このワイヤーが繋がった一本のワイヤーということに驚かされます。美しい脚の造形を消さないように置かれたガラス天板の 重さでしっかりとした強度を保つ、構造美のテーブルです。

D:テオドール・ワッデル 1973年
P:カッシーナ
M:天板 クリアガラス t12 脚 スチールパイプ
S:w1350 d1350 h720
H:カッシーナイクシー ¥346,500-
(D/デザイナー、P/製作、M/素材、S/サイズ、H/販売元)


■#02 VENTAGLIO(ヴェンタリオ)
ダイニング2

                                                   引用:Table Design /六耀社,P46


デザイナー個人の別荘の為にデザインしたテーブル。既成概念の四角か円の形状ではなく、スケール感ある、使用自由度の高いテーブルです。14枚の板を構成した天板と3本の脚で構成されている。まさに、「絵」になるテーブルです。

D:シャルロット・ペリアン 1972年
P:カッシーナ
M:天板&脚 オーク材
S:w2350 d1570 h730
H:カッシーナイクシー ¥913,500-