夏を涼しく過ごすコツは窓まわりにあります。室内への日差しカット、窓まわりの温度管理、そして風通しの工夫です。手軽にできる夏のおすすめリフォームをご紹介します。
   

夏のおすすめリフォーム1.日差しカット+窓まわりの温度を上げない

夏に涼しい家にするための基本は、窓を熱から守ること。強い日差しを室内に入れないように注意するのはもちろん、室内だけでなく窓そのものを日差しから守ることが肝心です。強い日差しは室内の空気はもちろん、壁や家具も温めます。そして一旦蓄熱してしまうと夜になっても冷えずにいつまでも部屋は暑いまま。寝苦しい夜になってしまいますので、夏は寝室に西日が入らないよう注意しましょう。

涼しさのポイントは、窓まわりの温度を上げないよう、窓の内側ではなく外側に日除けを作ることにあります。最近では手軽に取り付けリフォームができる、窓外用の日よけスクリーンが充実しています。マンションならエコガラス入りの内窓の取り付けが効果大。内窓は夏だけでなく冬の寒さ対策にも役立ちます。
 
すだれと木

夏に窓の外にスダレを下げたりグリーンカーテンを作ったりするのは、夏を涼しく過ごす昔からの知恵。


今すぐ対策したいなら、よしずやスダレを窓の外側に取り付けるのもいいでしょう。もちろんゴーヤやフウセンカズラでグリーンカーテンを作るのもおすすめです。ただし、簡易に取り付けた日よけは、強風で飛ばされないよう、夏が終わったら片づけておきましょう。
 

夏のおすすめリフォーム2.夜も風通しよく過ごせる窓まわりの工夫をする

夏でも夜になれば日差しが無く、気温も下がりますので、部屋の風通しをよくするだけでも、部屋の中はかなり涼しく感じられます。風通しよくするコツは、風の入り口と出口を確保し、その間を滑らかな線で結ぶこと。つまりできるだけまっすぐな風の道を作ることです。

といっても、窓を開けたまま眠るのはやはり防犯上問題があります。そこで役立つのは、通風ができるようになった雨戸やシャッター、防犯面格子、窓の開口制限ストッパーです。
 
吐き出し窓サッシ

雨戸を取り付ければ防犯性能は格段にアップ。閉めたまま風通しもできる


上の写真は、雨戸パネルがルーバーになった風通しができる雨戸です。いま既に雨戸がついている場合は、雨戸パネルだけをこのようなエコタイプに交換することが可能です。シャッターにもこのようにルーバーになったタイプがあります。雨戸やシャッターのリフォーム方法については、別記事(雨戸シャッターリフォームで快適便利に暮らす)で詳しくご紹介していますので、ご覧になってみて下さい。

窓が1箇所しか無い場合は、換気扇や扇風機を活用して室内の空気を動かす工夫をしましょう。マンションの風通し技や風の抜け道を作るリフォームの工夫は、別記事(マンションの風通しをよくするリフォーム)でご紹介していますのであわせてご覧下さい。

【関連記事】

匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。