まずは程よい距離感のママ友関係を目指そう

とりあえず、特に親しいわけではないけれど、仲が悪いわけではなく、何か聞けばちゃんと答えてくれる……といったフツーの間柄でいられるママ友が見つかれば、それでOKです。

ママ友同士のトラブルでありがちなのは、ママ友の中に、「マイルール」を振りかざすママが現れる時です。「わが家ではこうだから」「うちの主人はこうだから」……といった「マイルール」は絶対に通用しません。みんなの気持ちを汲んで、「合わせる」という努力が必要です。
 

ママ友から本当の友人に変わることも

最初はつかず離れず付き合ってきたママ友が、いつか本当の自分の友人に変わる日もあります。同じ場所で同じ年の子どもの育児をしているママ友は、理解しあえることが多いし、いればやっぱり楽しい! 情報も集まりますし、ダラダラ話をしながら食べるご飯のなんて楽しいこと!

お互いに理解しあえる日がきたら、そのとき、ママ友が本当の「友人」に変わります。その日が来るまで、焦らず、暖かな心で人と接する態度を持ち続けることです。


>> ママ友の作り方、トラブル対処法など、ママ友付き合いについてはこちら
 






■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。