優先順位が低いところは徹底的にコストダウン

こだわりの部分にシッカリ費用を掛けるために、リフォームの優先順位が低い部分は徹底的にコストダウンを図っていきましょう。

こだわりの部分にシッカリ費用を掛けるために、リフォームの優先順位が低い部分は徹底的にコストダウンを図っていきましょう。

工事範囲を絞って、優先順位が低い部分は時期をずらして行なうのもいいでしょう。自分でできる部分はDIYで頑張るという方法もあります。

リフォームのコストダウン一番の早道は、リフォーム会社から提案をしてもらうことです。

コストダウンのために 「この取り付けをやめます」 という申し出をする方も多いのですが、その方法ではほとんど費用が下がらないというケースも多いものです。

どこに費用が掛かっているか一番よく知っているのは、その見積もりを作ったリフォーム業者です。工事範囲や施工方法などを含め、効果的なコストダウン方法を提案してもらえるはずです。その際にはこだわり部分を削らないよう、希望をシッカリ伝えておきましょう。

【計画の見直しでコストダウンが期待できる部分】
  • 全体的な工事範囲・時期の見直し
  • 間取り変更リフォームのプラン見直し
  • 水まわり移動リフォームのプラン見直し
  • 施工方法の見直し
  • 窓サッシの形状・サイズ見直し
  • 造作家具や収納の扉・材質・形状・サイズ見直し
  • キッチン扉の材質・収納形状見直し
  • 和室→洋室リフォーム時の壁・天井・枠のデザイン見直し
  • 照明計画の見直し
  • 壁紙張替えの部位及び壁紙選びの見直し

     
コストダウンで、安かろう悪かろうになってしまわないように、満足するリフォームにしてコストダウンする方法を下記でご紹介していますので、あわせてご覧下さい。
■知らないと損! リフォームを安くする方法

シッカリ費用を掛けておきたいリフォームポイントは下記でご紹介しています。
■リフォームするならココだけはケチるな!

【関連記事】
■間取り変更リフォームのコストダウン! 掟と裏技
■キッチンリフォーム、ちょこっとの工事でパッとキレイ
■できる事は自分でやる! ローコストリフォーム
■DIYも頑張った! 塗壁とアイアンの空間を低予算で実現

Copyright(c)2011 一級建築士事務所 Office Yuu,All rights reserved.

匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。