コートや小物などいろいろ掛けられるコートフックは、とっても便利です。玄関のドアを開けた時に素敵なコートフックがあるととても印象がよくなります。オリジナルコートハンガーを作って玄関を印象アップしてみませんか? 簡単に作れるので大きさや金具を変えていろいろ楽しみましょう。

コートフック

アンティーク調仕上げのコートフックです



コートフックの作り方

材料

金具はたくさん種類があるので選ぶのも楽しいです

【材料】
1×4材・・・450mm
フックとネジ・・・各3個
塗料
ステイン(ウォルナット)
ホワイト・・・適量

 

【手順】
下地塗装

ウォルナットを塗装しています

1.下地塗装
最初にステインで木材を塗装します。ステインは木部着色剤のことで薄い茶色やメープル(木の名前、色は少しオレンジがかった茶色)、ウォルナット(木の名前、色はダークブラウン)などがあります。お好みの色を揃えましょう。

 

ホワイト塗装

多少ムラになっても大丈夫

2.上塗り塗装
アンティーク調の仕上げ(シャビー仕上げ)にするために、ダークな色を塗ってからホワイトなどの明るい色を塗ります。下地塗装が乾いたら、上からホワイトを塗り重ねます。



 

乾燥

4面塗ったら下に割り箸などを置いて浮かしましょう

3.乾燥
塗料が乾くまでしっかりと乾かします。塗料缶に乾燥時間が書いてあるので、参考にしてください。気温が高ければ、水性塗料は1時間くらいで乾きます。

 

ヤスリ

様子をみながら少しずつ

4.ヤスリがけ
塗料が乾いたら、ヤスリで表面を軽く削ります。削ると下地の茶色が出てきます。ヤスリをかけ過ぎると塗料が全部削れて下の木が出てきてしまうので、かけ過ぎに注意しましょう。


 

仕上げ

布はキッチンペーパーなどでもOK

5.仕上げ
少しずつ削って、仕上がりがよくなったら削りくずなどを布でふき取ります。

 

金具

金具でイメージが変わります

6.金具取り付け
金具を置いてバランスを見ます。鉛筆で軽く印をつけておきましょう。


 

金具

金具に付属ネジがあればそれを使います

7.ネジ留め
金具にネジをとめていきます。金具が動かなくなるまでしっかりと締めつけてください。


 

完成

塗装も楽しんでくださいね

8.完成
ネジがとまったら完成です。あとは壁の下地にしっかり取り付けましょう。今回はダークブラウンとホワイトの組み合わせですが、色の組み合わせで印象が変わります。

 

簡単に作れるので、長さや金具を変えてオリジナルにぜひチャレンジしてください。フックをしっかりととめるために、木は1×4材(参照:「木材の種類と選び方」)のような厚みのあるものを選びましょう。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。