できればパノラミックルーフのある車を選ぶと楽しい

ラゲージだけでなく、室内空間が広いのもラクティスの魅力の一つです。例えば室内長では現行フィットの1825mmよりも長い1920mm、室内幅は1695mm(フィットの+280mm)、室内高は1640mm(同+350mm)とライバル達より圧倒的に広い室内空間を誇ります。ですから、乗っているとコンパクトカーであることを忘れてしまいそうです。さらに巨大なパノラマルーフも用意されています。ガラスはもちろんUVカットガラスですし、電動ルーフシェードが備わりますから春夏秋冬、どんな天気にも対応できます。

トヨタラクティス  パノラマルーフ

新車で買う際には「これでプラス10万円かぁ……」と躊躇しがちなパノラマルーフですが、中古車なら非装着車とほとんど価格差はありません。ルーフに対する面積が72%と、他車に比べても大きなガラスルーフ。台数が少ないので見つけたら即決!?

このパノラマルーフが、個人的にはラクティスにグッと刺さってしまう一因です。まるでオープンカーのルーフを開けたように室内が明るくなりますし、とはいっても風に悩まされることもありません。実際に乗った人でないとわからないかもしれませんが、室内が明るいだけで運転していて気持ちが良くなり、またお子さんをお持ちの方なら、彼(彼女)たちが意外と静かに乗ってくれたりします。なぜなら頭上を過ぎゆく景色が楽しいから。今なら満開の桜の下を、ゴールデンウイークには若葉の下の道を走ってみたくなります。

しかし日本人にはなかなかこのパノラマルーフの魅力が伝わらないようで、他車同様、ラクティスも苦戦したようです。旧型には標準装備したグレードが用意されていましたが、現行型ではオプション扱い。ちなみに原稿執筆時点での旧型ラクティス997台中、パノラマルーフ装着車はわずかに11台。寂しい限りです……。

トヨタラクティス シートアレンジ

写真のように自転車も飲み込む大容量。ファミリーでなくても、海や山へ出掛けるアクティブな人にもオススメです。後席をそのまま残して、前席を倒して作る「カウチンソファモード」なら、レジャーで楽しんだ後のお昼寝もラクチンです

ドライバーをきちんと意識しているのも特徴で、ヴィッツベースであるにも関わらず、センターメーターではなくステアリングの前に備わります。また1.5L車にはステアリングにチルト機構だけでなく、前後調節のテレスコピック機構が備わり、ドライビングポジションをきちんと取ることができます。またファンカーゴよりもシートが厚くなっているなど、長距離移動の快適性もグンとアップ。

さらに1.5L車ならパドルシフトも付きますし、運転するお父さんも楽しめる一台。その上、希少ですが、パノラミックルーフ装備車を買えば家族みんなが明るくドライブに行けます。現行型とは見た目がちょっと変わっただけで、燃費も大きな差はないし、それでいて価格がお買い得。現行ラクティスのCMでは新垣結衣が「家族でコンパクトカー。これって、アリ?」と聞きますが、この旧型のほうがファミリーカーには「アリ!」なのではないでしょうか。

このように、しっかり調べてみればお買い得な車種は意外とあるものです。あなたも一度、探してみてはいかがでしょう。

【関連リンク】
カーセンサー
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。