伝統的な焼き菓子たち

☆パン・デピス (189円)

パンデピス

パン・デピス

蜂蜜とスパイスを使ったフランスの有名伝統菓子「パン・デピス」。南仏の野生ハーブ「百花蜜」がたっぷりと使われており、エキゾチックな香り漂う仕上がりです。これが189円というのは御値打ち! 「W.ボレロ」の多彩な焼き菓子の中でも特にオススメしたい一つ。


☆マドレーヌ (126円)

マドレーヌ

マドレーヌ

王道だからこそ、その店の真価が現れる焼き菓子「マドレーヌ」。発酵バターのリッチな風味も申し分なく、本当に良質な素材で丁寧に作られていることが伝わってくるような味わいです。


☆ピラミッド (168円)

ピラミッド

ピラミッド

これはまたインパクトのあるデザインの「ピラミッド」。ココア&アーモンドの2種類の生地が生み出すテイストと色合いのコントラストも楽しいですが、そこに織り込まれた洋酒で漬けたクランベリーが印象に残るアクセントに。


☆フィナンシェ・オ・マロン (189円)

フィナンシェ・オ・マロン

フィナンシェ・オ・マロン

食べる前はフィナンシェのマロン風味を効かせたものだと思っていたのですが、食べてビックリ! カットされた栗がゴロゴロと入っており、バター感溢れる生地と合わさることで、リュクスな仕上がりになっています。エクセラン!


☆ガレット・ブルトン・ノア&エビス (168円)

ガレット・ブルトン・ノア&エビス

ガレット・ブルトン・ノア&エビス

ガレットは2タイプあり、写真左奥は「ノア(胡桃)」入り。写真右は「エピス」。エピスはシナモン・グローブ・ナツメグ・黒胡椒の4種類のスパイスが入っているので、ナッティな「ノア」と比べると、かなりオトナ☆スパイシーな味わいです。
ガレット・ブルトンは好きな焼き菓子の一つなので今までも様々な店のものを食べてきましたが、個人的にはこの「エピス」がもっともクセになるというか、お気に入りになりましたね。


☆エンガディーナ (168円)

エンガディーナ

エンガディーナ

キャラメリゼしたフランス産のクルミをクッキー生地で纏わせた、スイスの伝統菓子「エンガディーナ」。サクサクのクッキー感と、ねっとりとしたキャラメル食感、さらにクルミのアクセントが加味し合った複雑さがありながらも、一体感が感じられるユニークな一品です。


次ページでは、ヴィエノワズリー各種を御紹介します。