ここ数年、チェック柄のシャツが人気です。チェックにもいろんな色柄がありますが、どんなチェックを選ぶかで、シャツを着た人の印象はずいぶんと変わってくるものです。これからの季節、シャツ一枚にかるくカーディガンやジャケットを羽織って過ごす機会が増えてきます。そこで今回は、印象別のチェック柄シャツの選び方をお教えしましょう。

チェック柄の王道、タータンチェック

タータンチェックはスコットランドで古くから用いられてきた格子柄で、チェックと言えば、このタータンチェックを思い出す人も多いと思います。ちなみに伊勢丹のペーバーバッグの柄もこのタータンチェック。もともとスコットランドの氏族のシンボルとして使用された歴史があるせいか、上品なプレッピーなイメージがあります。
タータンチェック

白がベースのタータンチェックは春らしい爽やかな印象を演出します。格子の大きさはミディアムサイズよりも小さめのものを選ぶのがコツ。 Photo:石井幸久

品のよい爽やかさを演出

ベースに白を織り込んだタータンチェック柄のシャツは、春らしい爽やかな印象を与えます。この場合、タータンの格子柄の大きさはミディアムサイズよりも小さめのものを。また、白以外の色を同系色でまとめるとシャツの印象はよりシンプルで洗練されたものとなります。

例えば、白とパープル系のタータンチェックのシャツはカジュアルさの中にも上品なセクシーさが感じられ、おススメです。アクティブな印象を演出するには白地にマルチカラーを織り込んだものがよいでしょう。例えば、レッド、ブルー、ホワイトのトリコロールカラーのタータンチェックは活動的なイメージとなります。

次のページではチェック柄の定番、ギンガムチェックの効果について解説します。