おとなの階段、登れますか?

無事目覚めたヴィンセントには現実での難関が待ち受けている。
まずは5年連れ添った彼女、キャサリンの結婚アピールだ。

キャサリンはスレンダーなメガネ美女。いやもうほんとグッと来る素敵なビジュアルだ。
実感できない結婚を前に、ヴィンセントはどう立ち向かうのか…?
それは様々な会話であったり、メールの返信だったりで変化する。
しかしどう選択しようとも必ずやってくる僥倖…いや、苦難がある。
奇しくも彼女と同じ名前である浮気相手、キャサリンの登場だ。

キャサリンは露出の高い服装の肉感的な派手系美女。ヴィンセントではなくても間違いを起こしそうな素敵なビジュアルだ。
泥酔の果てに起こした自覚のない間違いに、ヴィンセントはどう立ち向かうのか…?
いやはや、羨ましくもあり恐ろしくもある現実的なシチュエーションではある。

状況が身近だけに、メールの返信や会話は手に汗握るものがある。
悪夢に存在する踊り場で毎回出される質問も結婚に関連するものばかりなので、結婚という一大イベントに対しての自分の考え方を再認識することになるだろう。
しかもロード画面にも結婚に関する格言が表示されるという念の入れようだ。

最近発売されたゲームの中では際立って異色作と言ってもいいほど、このタイトルは作家性が高い。ヴィジュアルワークやPVに興味を持ったならば、手に取って損はないのではないだろうか。ただし、ゲームのメインはパズルアクションゲームである、ということは念を入れておきたい。

ぜひ成人男性にはプレイして欲しいイチオシタイトルではあるが、ただ、恋人や奥様とプレイするのは考えものかもしれない。
いや、貴方が恋人の眼の前で堂々と「恋人に携帯の中身を全て見せられる?」なんて質問に答えられる勇者であれば、話は別だが…その時はどちらにせよ、現実世界で失うものがあるかも知れない。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。