40代採用には会社の命運がかかっている

会社が40代ビジネスマンを採用するとき、失敗するわけにはいきません。会社の命運が、その採用にかかっているともいえるからです。それだけ、40代の方が中途採用で入社してくることには、会社に対するインパクトがあるものであり、ビジネスマン自身は、もっとこのことを自覚する必要があります。

日々の仕事が忙しく、ベテランであるがゆえに転職活動に十分なエネルギーを注いでいないのだとしたら、今後もさらに転職活動の長期化が続くことでしょう。ハードルの高い中途採用に挑戦する以上、ぜひとも事前の準備には、十分な時間と労力を注ぎ込んでほしいものです。

競争倍率が上がる40代転職

alt

ベテランらしい転職活動をしよう

ここまで40代のビジネスマンが置かれている現状、そして求められている素養について詳しくご紹介しました。そうした状況や自らの不安な心理状態を踏まえて、40代はどのような転職活動を心がければいいのか、そのことについて最後に書きたいと思います。

そもそも管理職の求人案件は、若手に比べると格段と数が減ります。当然と言えば当然です。いわゆる多くの組織はピラミッド型であり、上に登れば登るほどポジション数は減るからです。このため競争は激しくなります。

40代転職成功への道はひとつ一つ丁寧に取り組むこと

少ない求人案件しかない中で、中高年の転職活動者は増加中です。この結果、1つの求人の競争率が非常に高くなっています。自分の経験やスキルにマッチしていなくてもダメもとで応募する人も多く、応募が雑になり、負け癖がつくという弊害も起きています。応募できる求人が少ないことがその背景にありますが、こうした行動が結果として40代の転職活動の長期化を引き起こしているという見方もあり、悪循環に陥っているのです。

今、40代のビジネスマンがすべきことは、ひとつ一つの応募にもっと全力を注ぐことです。具体的には、募集背景を詳しく理解し、募集要件の優先度を研究し、いわゆる論文を学会に提出するのと同じくらいの労力をかけて自分の経歴書を作り込み、面接対策用の想定問答集も作ることが大切です。

特に現職につきながら転職活動をすることは、とても忙しく、責任ある立場で仕事をしている40代のビジネスマンにとって、かなりの負担であることは間違いありません。ただし、だからといって、応募時に十分な手間をかけずに、なかば横着して何度応募を繰り返したとしても、求める結果を得ることは難しいでしょう。

人脈を活用した転職は成功率が高い!?

40代にもなれば、社外にも多くの知り合いを持っていることでしょうから、そうした自分の人脈を活用して転職活動をすることも忘れないでほしいものです。転職のようなことで、人の世話になりたくない、人に借りを作りたくないと考えることもわからないではないのですが、結局、人の信用が伴った紹介ほど強いものはありません。30代までは転職サイトや人材紹介会社を利用したが、40代は自分の人脈を利用して転職先を決めたという人は、とても多いのです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。