捨てにくいモノはどうしたらいい? そんな質問がよく寄せられます。リサイクルしたりゴミとして処分したり、物理的に片づけていくことはできても、思い出がくっついているものは簡単にはいきません。そこで今回は、写真整理の悩みを解決するヒントとして、スクラップブッキングをご紹介します。


Q:写真が捨てられない

昔撮影した写真が箱の中に満杯に溜まっています。子どものものや家族で旅行した時のものなど、人物が映っているモノは特に捨てにくいです。どうやって整理したらいいですか?


A:思い出整理にスクラップブキング

100年プリント

アシットフリーの接着剤や酸性紙を使うので変色しない

映画「私の中のあなた」をご覧になったことはありますか? キャメロン・ディアス(母親役)の白血病の長女と、そのドナーとしての二女。壮絶な闘病を支え合いながらも家族崩壊の危機というストーリーのなかで、鮮やかな印象を残したのがカラフルで賑やかなアルバム。それがスクラップブッキングではないかと思われます。

NPO法人スクラップブッキング協会によりますと、その手法は1980年代にアメリカで生まれ、同時多発テロ9.11をきっかけとして、家族のつながりを形に残す方法として流行し、さらにその流れが日本にもやってきたそうです。突如として家族を失うという悲惨な事件を経験したのちに、絆を深める方法の一つとして支持されたスクラップブッキング。思い出とともに愛情を形にするという、そのスピリットを見習いたいですね。


A:スクラップブッキングのつくり方

アルバム

6インチのものや壁掛け型、ブック型、スタンド型などバリエーションが豊富

スクラップブッキングの台紙の基本サイズは12インチ(レコードLPサイズ)で、タイトルとジャーナルを入れるのがルール。タイトルは、そのスクラップブッキングを表すテーマで、「MEMORY」「Wedding」「Best Friends」など。ジャーナルには、日付やその写真に関するコメント・記録文など。台紙に写真を貼るだけではなく、そこに思い出をつづっていくことで、ブックづくりをしている今の時間も残していくことになるのでしょう。

さらに、リボンや型抜きの花模様などの装飾をほどこして、世界でたった一つの思い出を完成させていきます。テーマにそった台紙の色や柄、飾り模様を選びながら、貼ったりレタリングをしたりするクラフトが堪能できそうです。キットもあるので、初めての方でも楽しめます。

さらに、もっと嬉しい効果が期待できます。